MENU

    貯金の平均は結婚すると月々どのくらい?コツや夫婦での協力の仕方を考えよう♪

    結婚することが決まって、気分も晴れやか、新生活も楽しみですよね♪
    しかし新生活にあたって「貯金」に関して不安に感じている方は多くいます。

    私は結婚前から同棲生活を1年弱していましたが、
    そのころはあまり貯金を意識せず、お互いに毎月同じ金額を生活費として入れ、
    それ以外はお互いの管理下の元・・・といった感じでした。

    実際に結婚して、新居に移ってからは貯金をすることを意識し、
    毎月家計簿をつけたり、資金繰りをしてみたりと、
    いろいろ苦戦しつつ貯金をしていますが、なかなか貯まらないのがホンネです(笑)

    そこで、今回私も含め世間のみなさんが毎月どのくらい貯金できているのか、
    その方法とは?をご紹介していきます!

    目次

    貯金額の平均、みんな月々どのくらい貯めてる?

    「みんな毎月どれくらい貯金できているの?」 疑問ですよね~!

    私が知人や友人に訪ねてみた結果、以下のような平均額が出ました。
    (私の年齢は20代後半、友人も同い年の子たちがほとんどです。)

    年間の貯金額は、およそ80万円ほど。
    月々に換算すると、平均6.6万円ほどの貯金額になります。

    ん~・・・毎月6万の貯金ができれば、すごく理想的ですよね!

    もちろん「ボーナスの時期にどっと貯金するよ!」という子もいたので、
    毎月毎月6万円ほどを貯金している、というわけではありませんでした。

    貯金のコツは?夫婦で協力してしっかり貯めよう!

    新婚、共働きの我が家の場合

    今現在は共働きなので財布も別々のまま。
    お互いに生活費を月7万円づつほど家の財布に入れ、
    それを生活費として私が管理しています。

    そこから、毎月余った額を夫婦の預金通帳へ振込み、貯金する。
    といった形です。

    我が家の場合、車のガソリン代、ETC代が大きい金額となっているので、
    本当に毎月、数万円貯まるか貯まらないかなのです・・・涙

    毎月、頑張って食費を抑えるために、チラシを眺めて安いところへ。

    あわせて読みたい
    食費を節約したい!買い物や保存の工夫で出費を抑える方法まとめ♪ 直ぐに実行できる節約として食費が一番やりやすいですよね。ついダラダラと買い物してしまいがちな食品。今日からきっちり節約してみませんか! 食材を無駄にしてしまう...

    と、やりくりしていても、どうしても土日の出費が増えてしまうのも問題なので、
    我が家もそろそろ、貯金に関して主人と相談しなければといったところです(笑)

    我が家流の貯金のコツはこちらの記事でご紹介しています^^

    あわせて読みたい
    みんなどのくらい貯めてるの?貯金を増やすコツ教えます! 社会人になり、自由で遊び盛りの20代を過ごし… 20代後半になってくると気になるのが、 貯金に関してではないでしょうか? 私も20代前半は遊び倒していたので(笑...

    月6万円貯めている友人夫婦の貯金のコツ

    実際に毎月6万円ほど貯金をしている!という友人の貯金のコツを
    聞いてきましたので、ご紹介していきます♪

    まず、毎月どれだけの収入が家に入ってきていて、
    どれだけの出費があるのかを、しっかり見つめなおすことが基本
    だそうです。

    どうやるかというと、そう、家計簿です。

    家計簿と聞くとつい避けたくなるものですが、
    今は家計簿アプリも充実しているので意外と簡単なんです!

    私も彼女に家計簿アプリを教えてもらってから、家計簿のイメージが変わりました!
    面倒な書く手間もないし、計算は自動なので楽だし続けれるんですよ。
    私のおススメは「マネーフォワード」です^^

    家計簿…と難しく考えず、お小遣い帳の感覚で
    まずはお給料と使った額を記録するだけでも全然効果アリ!ですよ。

    また、結婚してすぐにご主人と「貯金」に関して、しっかり話し合うこと。
    どのようにお金を管理していくのか、誰が管理していくのか。
    などを話し合う必要があります。

    お金に対する意識を夫婦ですり合わせておくことで、どちらかが我慢したり浪費したり…
    といったすれ違いが起きなくなります。
    これは定期的に夫婦で確認し合えるといいですね。

    そして、貯金用口座と引き落とし用の口座を作る。

    通帳が一冊だと、出ていく金額が曖昧になり、お金の把握ができなくなるんです。
    引き落とし口座を作ることで、支払額は一目瞭然。
    自然と節約意識も高まります。

    また、友人は正社員ではなくパート社員ですが、
    シフトのない日や余った時間には家でできる仕事をして、
    コツコツお小遣い稼ぎをしているといっていました!

    ネットでライティングや入力作業などのお仕事をすることもできますし、
    いらなくなった服やバッグなどをフリマアプリやオークションで売ることもできます。
    これは、やるとやらないでは大きな収入の差になってきますよね!

    貯金はムリをしすぎない事が大切!収入に合わせて貯金を!

    収入がそこまで大きくないのに対して、高すぎる貯金額を毎月設定してしまい、
    節約に追われて無理な生活をしてしまう・・・。

    これでは、夫婦のあいだに亀裂ができてしまうこともあります。
    お互い納得した金額で、毎月貯金していくことが大切です!

    貯金額の目安は、最低で収入の10%と言われます。
    共稼ぎの夫婦なら20%を目指すとなおいいです。

    ・月15万の収入なら1万5千円~3万円
    ・月30万で3万円~6万円です。

    あなたの家計と照らし合わせてみてくださいね。

    新婚時代は、共稼ぎのご家庭が多いでしょうし、
    まだ育児費用もかかってこないので実は一番の貯金のチャンス!
    無理せず、コツコツと貯めていくことで将来の貯蓄になっていくでしょう!

    最後に

    新婚生活がはじまる前は、いろいろな楽しみや、はたまた不安もたくさんあるかと思います。
    でも、それはみんな同じであって、実際スタートしてみると、案外なんとかなっていくものなのです!

    まずは一度、ご夫婦で貯金に関して話してみることから始めてみてくださいね♪

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

    CAPTCHA

    目次
    閉じる