服を捨てるのはもったいない!?売るコツや片付けの基準を押さえて楽々断捨離♪

生活


毎年の流行は変わりますし、ファストブランドもたくさん!
セール品でついつい似たような物を買ってしまったり…

気づけば服の山で、まったく整理ができていない!

とは、言っても実際に服を整理しようとすると
『まだ着れそう…』『もったいないし…』なんて気持ちが邪魔して
全く片付けが進まないなんて事、ありますよね!

そんなあなたに、今回は私の洋服の断捨離術をご紹介します!

スポンサーリンク

服を捨てるのはもったいないと思っているあなたへ!おすすめの処分法

服を捨てるのはもったいないし、
思い入れのあるもの、まだ着れそうと思う意識はなかなか変えれませんね。

私も、過去にはそう思っていました。

その結果、クローゼットから溢れんばかりの服が部屋中に散乱(笑)
高校の頃には、あまりにひどいクローゼットに嫌気がさしたのか
知らないうちに母親に捨てられていたこともあります。

でも、大切な自分の服。家族に勝手に捨てられては困ります!

そうならない為にも、まずは上手な処分法を覚えましょう。

まずはじめに取り掛かるのは、服の仕分けです。

『着ている服』
『2年間着ていない服』
『まったく着てない服』

の3つに分けましょう。

着ている服

お気に入りの服や、週に1回は必ず着用しているものなど。
そういったものは、必要な服の部類に入れましょう!

クローゼットやタンスへ収納してください。
あなたが大切なものは、あなた自身が一番分かっているはず。

今まさに着ているものを選べばいいだけなので
ここで迷うことはほぼないはずです。

ここ2年間で着てない服

ここでは本当に今後も必要な服を仕分けます。
例えば、1年に1度あるかないかとはいえ冠婚葬祭の礼服などは絶対必要ですよね!
こういうものは、2年間着ていなくても必要なので保管するものに入れます。

1年間着ていない、だと、もしかしたら翌シーズンに着ることもあるので
処分の判断をするのにはちょっと短いです。

丸2年着なかったなら、着ないなりの理由がある服ということです。
着にくい、気に入ってない、サイズが合わない、好みが変わった…
今まで着なかった服を今後着ることはほとんどあり得ないので、処分対象にしましょう。

1年前は流行っていたけど今年着るにはちょっと…
なんて思う服は、今後も着ません。
次の『まったく着てない』へ移動させましょう。

また、これ痩せたら着れるんだよな…と思う服なんかもありますが
いざ痩せた時にはその時の流行りの服を着たくなるものなので
取っておいても…正直着ることはないですよ。

まったく着てない服

こちらは、処分の対象となります。

破れたり痛んだりしている服はわかりやすいですよね。
他にも、さっき仕訳けた2年間着ていない服、
買ったはいいものの一度も着ずにたんすの肥やしになっていた服。

ここで悩むと片付けはすすみません。
躊躇せず、処分しましょう!

スポンサーリンク

着ない服は捨てるか売るかに仕分けよう!

ここまできたら、あとは簡単な作業です!

先ほど分けた『まったく着てない服』の中から
処分するもの、売ってしまうものに分けましょう!

状態が良いものや、ブランド品であれば意外と高く売ることができます。

ブランドやショップの洋服であれば、まずはメルカリに出してみるのがおすすめ。
品物の状態を詳細に書く、写真をたくさん載せる、というのを意識してください。
条件のいいものはだいたい24時間以内に売れます。

出品に手数料もかからない(売れた時だけ手数料を払えばいい)ので
ヤフオクなどのオークションよりも手軽です。
メルカリ【公式HP】

メルカリなどで売れない、めんどくさいのであれば
リサイクルショップや、古着店に引き取ってもらいましょう。

こういったお店は、正直よっぽど状態が良いとか
ブランド物である、という場合じゃないといい査定がつきません。
まとめ買いで数百円~とかもザラです。

捨てちゃうよりは…という場合に、気持ち程度の小銭になれば、
という感覚で持っていく方がいいです。

服を捨てる基準を決めれば片付けも楽々♪

捨てる、というのにはなかなか気持ちが乗らないですよね。
捨てる基準を作っておくと、迷わないので片付けも楽です。

まず、汚れている、破れている、など明らかに痛んでいるものは処分。
合皮素材で、触るとボロボロになるものも処分です。
これは売るにも無理があるので、ごみとして処分しましょう。

自分が着ないだけで、着れそうだけど…と悩むなら
とりあえずさっきの方法で売りに出してみましょう。

売れ残ってしまったものは誰もいらないということなので、潔く処分します。

ちなみに古着屋さん、リサイクルショップによっては、
値段はつかないけどそのまま引き取ってくれるところもあります。
服を捨てるのはけっこうかさばるので、
引き取ってもらえるならぜひお任せするといいですよ。

捨てるのが嫌ならリサイクルという手も


例えばユニクロや無印良品などでは
自社製品の引き取りサービスを行っています。
レジカウンターに持っていけば快く対応してくれますよ。

また、自治体によっては古着は可燃ゴミではなく
資源ごみ(リサイクル対象)として回収しているところもあります。

ゴミにしてしまうのが気がかりな場合、こういったリサイクルを利用すれば
もったいないという気持ちが無くなりますよ^^

最後に

私の服の整理法としておすすめなのが
「1枚服を購入したら、1枚捨てる!」
これに限ります!

そうすることで服の数が増えることもありませんし、
常に服の管理もできるので、ショッピング中に
「あれ?この服と同じようなもの、持ってたよな・・」と判断できるのです。

また、断捨離を行うタイミングですが
【衣替えの時期】がオススメです!

どうせ服を入れ替えるならその時にチェックすれば手間がかからないので。
それに、真夏の暑い時期、真冬の寒い時期…
なかなか動こうに、動けないですからね(笑)

気候の良い時期を選んで、気持ちよく整理整頓をしましょう!

スポンサーリンク

コメント