子育てが大変なのは一体いつまで?大変なことや時期に終わりはあるの?

育児経験談

はじめての子育て。
わくわくの毎日…のはずだったのに!!
こんなに子育て大変だとは思わなかった!

この大変さいつまで続くの…?

と途方に暮れているママもいるかもしれません。

子育てって一体いつから楽になるのでしょう。


 

スポンサーリンク
   

子育てが大変な時期はやっぱり赤ちゃん期?

赤ちゃんが誕生した瞬間から、ママはそのお世話
を全て任されます。
しかし赤ちゃんが0歳ならママもまだママ0歳です。

右も左もわからない状態のママ。
そしてそこへ容赦なく泣く我が子。

理由もわからないまま昼夜を問わず泣かれ、
精神的にも体力的にもキツイのは
やはりこの時期ではないでしょうか。

当直があるようなお仕事をされていた人でない限り、
毎夜毎夜数時間おきに起こされるのは
初めての経験で相当辛いことです。

 
私も、上の子の時がそうでした。

何時間にも及ぶ抱っこや慣れない授乳、
お出かけをすれば大量の荷物を持つことで
体はカチコチ

そこへ睡眠不足がくるわけですから
疲れがなかなか取れません。

生後数か月で授乳間隔が空き、
やっと少しまとまって眠れるかも…
というところで夜泣きするようになり。

早くしっかり寝てくれて、
わけもわからず泣かなくなる時がこないかしら…。
もう体が限界…。

と思って日々を過ごしていました。

「赤ちゃん」と呼ばれる時期、ママは本当に疲労困憊です。

ではここを乗り切れば、「楽」は訪れるでしょうか。

子育てが大変と感じたのはいつまでだった?

赤ちゃん期を越えて会話ができるようになり、
[宇宙人]からある程度立派な[人間]として
見れるようになってくると

赤ちゃん期にあったような
寝不足や、意思疎通が取れないことによるイライラ
は少し解消されていきました。

・夜起きないですむようになること
・子供と会話をして意思疎通が図れるようになる
これは本っ当ーに楽になりました!

 
私の息子はなかなか言葉を話さず、
なんで泣いてるの?
なんで怒ってるの?
と途方に暮れる時期が長かったのですが、

ある程度会話ができるようになってきたある日
遊んでいた息子が急に怒りだしたので
「何に怒ってるの?」
と聞いたら
「このシールが上手にとれないから!(怒)」
と泣きながら返事が返ってきました。

その時、号泣中の息子を見ながら
泣いている理由を自分で説明してくれるようになったなんて楽になったなあ
と、ふと思ったのを今も覚えています。

そして私自身も、ママであることに慣れてきて
何をどうすればよいかわからない
という漠然とした不安に襲われることが少なくなり、
たまには手を抜くこともちゃっかり覚えたり、
とにかく少し「楽」が見えてきたのです。

ママの子育てに対する(いい意味での)慣れと
子供の成長で、子育ては必ず楽になってくると思います。

スポンサーリンク

子育てで大変なことって結局何だろう

壮絶だった赤ちゃん期に比べると、
私自身子育てに慣れ、子供も成長してくれたので、
現在も絶賛子育て中ですが、あの頃よりは少し楽になりました。

1人でできることも増えたし、
ずっと世話を焼かなければならないことはありません。

ではこの先どんどん楽になるか、といったら
そういうわけでないだろうとは思っています。

子供が大きくなれば、また新たな悩みが
出てくるでしょう。

幼稚園に入り、小学校に通い、中学校に進学し…
思わぬ問題に頭を抱えるときもあるかもしれません。

でも、その大変さは必ずいつか解決し、
終わりが見えるときがやってくると思うんです

子育てという戦いの真っただ中にいる時に、
なかなかそんな風に思うのは難しいことかもしれませんが、

当時は周りが見えなかった赤ちゃん期の大変さも、
もがいているうちになんとか乗り越えてこれたので
きっとなんとかなるだろうと、私はそう思います。

まとめ

私自身まだ子育ての真っただ中なので
「この大変さって、いつまで続くのよ!」
と何度思ったかわかりません。

でも、ふっと振り返ると、
赤ちゃん期は楽しい思い出に変わっていました。

子育てって、それの連続じゃないのかなと感じます。

いつか子供が巣立ったその時に

自分子育て頑張ったな!

と満足して言えるように、

今この時を、子供としっかり歩んでいきましょう^^

スポンサーリンク

コメント