キャンドルの作り方は小学生でも簡単に! 廃油や100均材料で作ってみよう!

クリスマス

ご家庭で揚げ物をした後の油

どうしていますか?

 

オイルポットに入れて二回くらいは

使っても、その後は捨ててしまう!

という方は多いようですね。

 

そんな捨ててしまう油でキャンドル

作れたら、楽しくてエコにもつながります♪

 

そこで今回は、材料が100均でも揃えられて、

小学生でも簡単に作れる廃油を使った

『キャンドル』作りをご紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

キャンドルの作り方は廃油でできます

スポンサーリンク

廃油でキャンドル!?って初めて聞いた時は、

匂いとか大丈夫?と心配になりますが、

その心配はありません!

 

作る工程で好きな色のクレヨンを使って色付けしたり、

アロマエッセンスなどを混ぜると香りも良く

『アロマキャンドル』になります。

手作りのキャンドルを飾ると自分好みの

空間ができますよ~

 

キャンドルの作り方はとても簡単です。

小さいお子様も一緒に作ることができるので、

自由研究の作品としても人気があります!

 

材料のほとんどがご家庭にあるもので

揃うから気軽に出来ます。

 

では、実際に作ってみましょう♪

 

*材料*

  • 廃油      200mlくらい
  • 市販の凝固剤  60g
  • 太めのタコ糸
    キャンドルの芯にするくらいの長さ
  • 鍋(湯せん用)
  • キャンドル作りの加熱できる容器
  • キャンドルを入れるビン
  • クレヨン(お好みの色)
  • 割りばし
  • コーヒーペーパーまたは
    リード(キッチンペーパー)(油のろ過用)
  • アロマキャンドルにする場合は、
    アロマオイルを準備します

 

✿凝固剤がない時はろうそくで代用できます。
(廃油200mlに対してろうそく70gくらい)

 

*手順*

1.廃油を少し温めて、コーヒーペーパーを使ってろ過します。

この時コーヒードリッパーがあると便利ですが、

ない場合は、ザルにリードを置いて濾すこともできます

 

2.クレヨンを砕いてろ過した廃油に入れます

 

3.湯せん用の鍋を加熱して80℃位の温度にします。

廃油・クレヨンが入った容器を湯せんしながら混ぜます

 

4.油凝固剤を入れて混ぜます

 

5.火を止めて60℃位に冷まします

アロマオイルを入れる場合はこの時に入れます。

 60℃位の温度をキープして混ぜます。

この時、温度が高いとアロマの香りが蒸発してしまいます。

キャンドルの温度が下がってしまうと、

アロマオイルが混ざる前に固まってしまうので、

 火を止めたらすぐに混ぜましょう

 

6.お好きなビンにキャンドルを流し入れます

7.割りばしを使ってタコ糸をビンの中央に置きます

8.キャンドルが固まったら完成です

 

✿アロマオイルは10ml位入れるのがおすすめです。
多すぎると不純物が出ます。
クレヨンは2g位がおすすめです。

 

キャンドルの作り方 材料は100均で用意しよう!

とっても簡単で、色・アロマまで自分の

好みにできる手作りキャンドルですが、

材料を100均で揃えるともっと映えるように

できますよ~

写真のものは全て100均で揃えました!

100均には手作りキャンドル用の芯も置いてあるので、

それを使えばタコ糸が不要です。

キャンドル、特にアロマキャンドルの場合

『芯』の役割がとっても大切なので

専用のものがあると便利ですね。

 

~アロマキャンドルを長く楽しむためには芯の取り扱いが大切~

キャンドルのロウが平らに溶けるようにします。

そのため、火をつけて直ぐに消さないように

表面全体のロウが溶けるまで点けておきます。

(一時間くらい点けておく)

 

芯の周りにロウが付くと芯が短くなって

火をつけると炎が小さくなります。

なので、芯の周りにロウが溜まっているときは

ティッシュなどでふき取っておきます。

 

芯の長さは、キャンドルから6㎜くらい

出すのがベストです。

 

まとめ

廃油を使うと、子供でも簡単な

キャンドルが作れます。

 

100均で揃うクレヨンやアロマ・ラメなどを使ってアレンジすると、

自分だけのオリジナルキャンドルも作れます。

 

キャンドルの芯は、長すぎても短かすぎても

ロウが均等に溶けないので気を付けましょう。

スポンサーリンク
クリスマス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yuyuをフォローする
スポンサーリンク
happy days!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました