共働きだけど貯金ができない…貯まる方法や年間計画で家計改善

節約

共働きはお互いに収入があるから

貯金もしやすい!?

という訳にはいきません!

 

実際に総務省の統計では、共働きの

家庭で貯蓄のない家庭が1/3という

データもあるとか!

 

このことからも、収入がある分交際費など

何かと出費も多く、貯金が難しい状況です!

 

でも、貯金が難しいからと感じていても、

このままでは「不安」という思いは

大きいのではないでしょうか?

 

そこで今回は、共働きでもコツコツ貯金を

するアイデアや、年間計画で貯める方法

お話します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

共働き家庭で貯金する方法・アイデア

スポンサーリンク

共働きで貯金をする場合は、どちらか

一人だけが頑張っても上手くいきません!

二人が同じ方向に向かって協力しないと

難しいですね。

 

そのためには、初めにお互いが納得するまで

話し合う事と、途中で変更する事が出てきた

時にもしっかり話し合う事が大切です。

 

その協力を前提に、共働き貯金がスムーズに

いくためのアイデア・コツを紹介します。

 

  • 共通の財布・袋分け貯金
    まず二人の収入から、毎月貯金できる
    額を決めます。
    例えば、給料日には、光熱費・固定費など
    引き落とされる分を通帳に残して、その
    残りを全額現金で下ろします。
    そして、それぞれの予算を袋に分けて、
    毎月の貯金分は定期預金に振り込みます
    (給料の入る通帳から引き落としに
    してもいいです)また、カード払いに
    した分はまとめて封筒に入れて、引き落とし
    3日前に必ず通帳に振り込みます。

 

  • 1人の収入は全額貯蓄へ
    共働きだけど奥さんの収入は旦那さんの
    扶養内で、月に6万円未満の収入の場合、
    よく話し合って、奥さんの収入は全て
    貯蓄に回すという方がいます。
    その場合、旦那さんの収入からやりくりを
    しているので、奥さんのお小遣いも
    旦那さんの収入からもらいます。

 

  • 先取り貯金
    どうしても二人別々の口座を持ちたい
    という場合は、お互いに話し合った毎月の
    貯金額を、給料日に貯蓄用共通の口座に
    振り込みます。
    お互いの給料が入る口座からは、光熱費・
    食費など、どちらの口座から引き落としに
    するか割合を決めておきます。
    先取り貯金をすることで、余ったら貯金
    というあいまいな形が避けられます。

 

共働き家庭の貯金の目安!口座はどうする? 毎月効率よく貯めるコツ
共働きでお互い仕事をしていると、 1人の収入より多くなるから家計は余裕!? そればかりではありませんね・・・ 充実している部分もあるけれど、 家事の分担やお子様がいるご家庭では 子育てについてもいろいろ...

共働きで貯金するなら年間の計画が大切

貯金をしよう!と思い立っても、毎月・

年間どのくらい貯金をすればいいのか

悩みますね。

よく聞くのは、「貯蓄は将来のために」

確かにそれは大切なことです。

でも実際に貯金額を決める時に、漠然と

した目標では毎月の貯金額は分かりづらい!

見えてきません。

 

なので、しっかり続けられる貯金額を決める

ためには、お互いの手取りの年収額から

どのくらい貯金するべきなのか『必要貯蓄率』

を求めて、毎月の貯金額を決めることが大切です。

 

そして、決めた貯金額を先取り貯金します。

これは年間計画でするので、ボーナスで

まとめて貯金するとしても構いません。

 

でも、必要貯蓄率と言っても難しいですね。

老後に必要な費用と考えると、それぞれの

ライフスタイルがあるので一概には

言えませんが、一般的に考えて寿命が

80歳とすると、年金だけでは賄えない分の

老後資金は【3,000万円】が必要と言われています!

 

何度も言いますが、それぞれに財産も寿命も

未知!この金額では十分といえない場合も

ありますが、一つの目安、この金額を目標と

して必要貯蓄率を考えることも一つの案です。

 

まとめ

共働きでコツコツしっかり貯めるためには、

お互いのお給料をきちんと把握して、

毎月の支出からどのくらい貯蓄できるのか、

ちゃんと知る事です!

できれば「必要貯蓄率」を出して貯金

するのが理想ですが、今までの貯金0から

始める場合は、無理なく貯金できる額を

決めて先取り貯金をしましょう!

 

でも大切なことは同じで、お互いに

しっかり話し合い、それぞれに給料が

あっても収入・支出は共通のものと

考える事です。

スポンサーリンク
節約
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yuyuをフォローする
スポンサーリンク
happy days!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました