化粧下地は日焼け止めだけでも大丈夫?日焼け止めと下地の違いや順番は大切!

美容・健康

紫外線は春からとても強くなると言われます!!

夏はレジャーに行く機会が多くなる季節ですね。

日焼け対策は出来ていますか?

 

自己流のお手入れだと

しっかりUV対策できていると思ったら実は効果が半減!!

そしてお肌にダメージが!!なんていうことも!!

 

UV対策は効果的な使い方をすることで、きちんとお肌に浸透します。

正しい使い方をマスターしましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

日焼け止めと化粧下地の違いはなに?

スポンサーリンク

お化粧品のコーナーには、

化粧下地にUVカット効果があるものがたくさんありますが、

その下地を付ければ日焼け止めは塗らなくて大丈夫?

 

日焼け止めと化粧下地の違い

日焼け止めとUV効果のある化粧下地!

同じような働きがあるのですが、

日焼け止めは、紫外線から肌を守ることを重視して作られています

UV効果のある化粧下地は、肌をフラットに保ち、

ファンデーションのノリやもちを高めつつ紫外線からも肌を守ってくれます。

 

では、UV効果のある化粧下地をファンデの前に塗れば、

紫外線対策はしっかりできている!と思われますが、

それだけでは十分とは言えません・・・

 

化粧下地のパッケージに書かれている分量は少なめです!

日焼け止め効果が含まれていても、

使用量が少ないとしっかり紫外線を防ぐことが難しくなります。

また、化粧崩れをするとその崩れた所から紫外線を受けてしまいます。

 

なので、肌をキレイに見せつつ紫外線対策をしっかりしたいという方は、

日焼け止め】と【化粧下地】をW使いすることをおすすめします。

日焼け止めと下地は両方使う?ファンデは?順番は化粧水の前?後?疑問を解説!
ファンデーションにはそれぞれ数値の差がありますが、 UVカット効果のものが多くありますね。 夏の日差しが強い時期ではないから ファンデだけで紫外線対策は大丈夫!と安心している方は多いようです。 実は、...

 

日焼け止めの種類

日焼け止めには、塗ったら白っぽくなるものがありますね。

日焼け止めは大きく分けて、「散乱剤」「吸収剤」に分けられます。

 

太陽からの紫外線を反射させて散乱させる効果のあるものが散乱剤で、

塗ると白っぽくなる場合があります。

 

吸収剤は、肌の表面で日焼け止めと紫外線が反応し、

熱に変化して紫外線から肌を守ります。

また、油分も多く含んでいるので、肌への負担も多くなります。

 

そのため、美容効果のことや肌への影響を考えると、

「散乱剤」を選ぶ方がいいと言われています。

 

SPF・PA効果

日焼けはしたくないからと、とにかく効果が高いもの!と

SPF・PAの強力なものを使うのは、とても肌に負担をかけてしまいます!

自分の肌の状態を見ながら、適切な値の日焼け止めを使うことが大切です。

 

海や炎天下のレジャーなどをするときに使われるのは、

SPF40以上・PA++++の値の日焼け止めです。

日常生活では、SPF15~30・PA++が目安とされています。

日焼け止めと下地は使う順番が大切!

日焼け止めは、適量を塗ることで効果を発揮するとお話しましたが、

塗る順番もとても大切です!

 

日焼け止めと化粧下地では、日焼け止めを先に塗ります

 

もし先に化粧下地を塗ってしまうと、

ファンデーションを肌に密着させる下地の効果が半減してしまいます!

また、ベースメークが崩れやすくなるので気を付けましょう。

 

日焼け止め・化粧下地 W使いの順番

  • 洗顔後、化粧水と乳液でしっかり保湿をします
  • 保湿の後は日焼け止めで、適量(パール3個分くらい)を額・両方の頬・鼻・顎において、顔の内側から外に向かってムラなく塗ります
  • 2分ほど経ったら、余分な油分をティシュで抑えます
  • 次に、化粧下地(パール1個分くらい)を塗ってスポンジで馴染ませます
  • 後は、いつも使っているファンデーションやルースパウダーを重ねてベースメークの完成です

 

日焼け止めの効果的な塗り方はUV対策においてとても大切です!

その方法はNG!?日焼け止めの塗り方のコツとおすすめ下地5選!
もうすぐ紫外線が強くなる季節! と言っても一年間で紫外線が一番強いのは真夏というイメージですが、 実は5・6・9月もとても高くなります。 なので、日焼けをしないためには早めの対策が必要です! そして日焼け止め...

まとめ

日焼け止め・化粧下地のW使いにファンデーション

 

少し手間がかかると感じますが、わたしが実感しているのは、

朝にこのひと手間をしているだけで

お昼や夕方のお化粧直しがラク!

おしろい付の油とり紙で抑えるだけでキレイになって、

お化粧もちが良くなることです。

 

もし、厚塗り感が気になる場合は、

低刺激性の日焼け止めを使うことおすすめします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました