放っておくと超危険!? 麦茶のポットの水垢やカビ汚れの除去方法とは?

キッチン

麦茶を冷蔵庫で保存するためのお茶ポット。
その麦茶のポットに白いぽつんとした汚れは付いていませんか?

実は傷みやすい麦茶、ポットの汚れも放っておくと大変かも…

意外と汚れやすい麦茶ポットのお手入れ方法を覚えておきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

麦茶のポットについた汚れを落とす方法とは?

きちんと洗っているのにいつのまにか麦茶のポットに
白いポツポツした斑点汚れが付いていませんか?

白い斑点汚れは、カルキなのです!

カルキは、水道水のカルシウムが結晶になったもので
ポットに付いてしまったら、食器用洗剤を使ってスポンジで
こすってもなかなか取れません。

水出しのパックで作る場合、水道水のカルキが残ったままなので
斑点が付きやすくなります。

冷やしてそのまま飲むものだからポットは清潔にしたいですね。

白い斑点を取る方法は、
漂白剤を使う方法と
クエン酸と重曹を一緒に使って取る方法があります。

漂白剤は臭いが気になる!と使いたくない人もいますよね。

そこで、口に入っても問題のない
クエン酸と重曹を使って落とす方法をご紹介します。

クエン酸と重曹でキレイにする方法

カルキは水あかでアルカリ性の汚れなので、酸性のクエン酸で落とします。

・準備するもの
水200ml
クエン酸小さじ1
スプレー容器
重曹大さじ1
ぬるま湯大さじ1

・水とクエン酸をスプレーボトルに入れて混ぜます。
よく混ざったら白い斑点に吹き付けて、30分~1時間くらい置きます。
その後スポンジでこすり落とします。

・まだ落とせない斑点がある場合は、重曹を使います。
重曹にぬるま湯を混ぜてクリーム状にします。
重曹クリームを斑点に塗り30分くらい置いて、
その後スポンジで磨きとります。

わたしの失敗談ですが、
クエン酸スプレーの後に、少し残った斑点汚れを
我慢できずスプーンでこすり取ったんですが、
確かにきれいに落ちたけど…ポットに少し傷がついてしまいました。
無理にとることはお勧めしません。

クエン酸と重曹のうまい使い分けについてはこっちで解説しています!

ナチュラルクリーニングの救世主! クエン酸と重曹の違いとは?
掃除場所によって洗剤を使い分けするのは面倒。 洗剤を収納する場所も必要になるし。 でもこれ一本で!!とうたってる洗剤は値段が高くて手が出しにくい… お手頃で、環境にも優しい エコだけどしっかり効果がある汚れ落としを知りたい!...

カルキ汚れをつきにくくするには?

煮出して作る麦茶は、沸騰させて冷ますときに
ふたを開けておくとカルキが抜けるので、
白い斑点は付きにくいです。

また、ミネラルウォーターで作ると元々のカルキが少ないので斑点が付きにくくなります。
浄水器の水を使うのもいいですね。
ただし、その場合は傷みやすい(消毒のための塩素が入っていない)ので
作った麦茶は早めに飲み切るようにしましょう。

煮出しより手間いらずの水出しがいいと思う方は、
ガラス製のポットには白い斑点は付きにくいので、
プラスチック容器ではなくガラス製に替えるという手もあります。

ただし、ポット自体が重くなるし万が一落としたら割れてしまうので
子どもが扱う際はポット選びは良く考えましょう。

スポンサーリンク

麦茶の容器にカビが生えた時の正しい対処方法とは?

容器が見た目きれいだからと、水洗いだけで毎回使い続けていると…

「お茶の粉が黒く残っている」と思っていたら
実はカビだった!!なんてことは少なくありません。

そのいやなカビ、
食品で除菌効果のある「酢」と
消臭効果のある「重曹」で落とせるのです!

麦茶の容器のカビを落とす方法

・準備するもの
酢大さじ1
50℃くらいのぬるま湯500ml
重曹大さじ1

・お湯と重曹と酢を麦茶ポットに入れます。
30分くらい放置します。
30分たったら水で洗い流します。(しっかりすすぎます)
※しっかりすすがないと酢が残って、細菌の餌になってしまいます。

これでカビ汚れもスッキリしますが、お酢の臭いが気になる人もいます。

お酢の臭いが苦手なら、酸素系漂白剤を使ってもカビは取れます。
お湯と酸素系漂白剤大さじ1をポットに入れつけ置きします。

ただし黒く変色した色は取れないので、あまりに見た目が気になれば
パッキン部分を変えたり、ポットの買い替えも検討しましょう。

まとめ

麦茶ポット、見た目はきれいに見えてても、実は雑菌は付いています!

浄水器を使っているご家庭も多いですが
浄水でも、水だけのすすぎ洗いだけでずっと使用していると
少しずつカルキがたまって白い斑点が付いてしまいます。

汚れがこびり付いてしまわないように、水洗いだけで済ませずに
週に一度くらいクエン酸スプレーを使って、予防するのもおすすめですよ。

スポンサーリンク

コメント