水着洗濯方法まとめ!洗剤や柔軟剤は何を使う?水遊びの後もこれで安心♪

洗濯

真夏の太陽!暑いこの時期に、プールや海へお出かけする方も多いのでは?
暑い日にこそ、水着で水の中を泳ぐのはとても気持ちがいいですよね!

また、お子さんの学校での授業。プールや習い事。
大人の方ですと、ジムに通われる方も多いかと思います。

しかし、夏のシーズンに海へ出かけ、水着を着る方は年に数回・・・
お手入れの方法などを、翌年には忘れてしまいますよね。

私なんかは高校時代以来、水泳の時間以外に水着を着ることが少なく、
2~3年前に海へ行くことになったときは、それはもう困りました。

水泳用のスクール水着ならまだしも、ビキニなどとなると、
なんだか考えるだけで、手入れが面倒そうなイメージが・・・。

しかし、大丈夫です!

今日は、そんな皆さんがお困りの水着の洗濯方法をご紹介します!


 

スポンサーリンク
   

水着ってどうやって洗濯するんだっけ?洗剤は何を使えばいいの?

さて、今シーズンはどんな水着を買おう?
可愛いデザインがほしいな!

そして海やプールへ出かけ、着衣した水着を見て、

『あれ・・この水着とりあえず絞って、
 ビニール袋へ入れてもってかえってから・・まあ!どうにかなるか!』

ちょっと待ってください!

これだと、せっかく悩んで選んだ、素敵な水着が台無しになってしまいます!
水着には、長持ちさせる方法がありますので、ここで知っていただきたいです。

水着の生地について知っておこう

水着の生地は〔ポリウレタン〕という素材でできています。
実は、水着だけでなく、私たちが普段着用している
衣類、かばん、靴などといった合成皮皮をもちいった製品にもよく使われ、
年中着ることが出来ます。

しかし、このポリウレタン。

洗濯すると、縮んでしまうこともしばしば・・・。

そして、
プールへ入っている消毒液の〈塩素〉
海の場合だと〈塩分〉

こちらの成分にも非常に弱く、水着の劣化に繋がってしまうんですよね。

なので!
ちょっとした扱いの差で長持ちの度合いが変わってきます。
面倒と思わず、大切に扱ってくださいね(*´▽`*)

水着の上手な持ち帰り方法

遊び終わって水着を脱いだら、まずは必ずすぐに水洗いしてください。

水洗いしたあとは、タオルでできるだけ優しく絞りましょう。
そして、お家へ持ち帰るときは乾いたタオルで包んでください。

密封性の高いポーチ、ビニール袋へ入れて帰るのは避け、
通気性の良いバッグへ入れて持ち帰りましょう!

帰宅後のお洗濯について

手洗いの場合

私の場合は、ぬるま湯で手洗いしています。
これだけで充分だと水着売り場の方にも伺いました。

洗った後は、乾いたタオルでやさしくドライしましょう。

洗濯機を使用する場合

洗濯用ネットにいれて、洗濯機をまわす時間は短めにしましょう。

洗剤は何を使うべきか

汚れが目立つ場合は、中性洗剤を使用してください。

オススメしたいのは〈おしゃれ着用の洗剤〉です。

私が洗濯機で洗うときは、何も入れずに水洗いしちゃってますが(笑)
塩素の匂いが気になる方は〈おしゃれ着用の洗剤〉を使用してくださいね!

また、漂白剤の使用はNGです。
生地の劣化の原因に繋がります。

乾燥機の時間は長くすべき?

水着は熱に弱いため、出来れば乾燥機にかけないでください。

洗濯が終わったら

普通の洗濯物ですと、日当たる場所で干しますが、
水着は陰干ししましょう。

水着は紫外線、直射日光に弱いものなので陰干しが必須となります。
かたちを整えて、ハンガーにかけましょう。

ビキニの場合

下着を干すときと同じで、
肩ひもをクリップなどで留めてしまうと伸びます。
ですので、アンダーバスト部分や脇のあたりを留めて干しましょう!

スポンサーリンク

水着を洗濯機で洗う時の注意点は?柔軟剤は使っていいの?

上記にも書きましたが、必ず洗濯用ネットへ入れましょう!
これは、伸縮性を保つためです。

ネットに入れず、「なんか伸びちゃってサイズ合わない~」
なんて事になったら悲しいですからね・・・。

あとは、裏返しにして入れると良いですよ!
海だと、砂浜の砂が水着に付着していることもあります。
砂が取れやすくなるので、オススメです!

そして、洗濯機に入れる時間はなるべく短めに!
 →手洗いコース
 →すすぎ・脱水 1回コース
などがあれば、そちらの設定にして洗濯機をまわしてください。

柔軟剤は使ってもOK?

結論をいうとNGです。
水着はデリケートなものなので、薬剤に弱いんですよね。
なので、使用するのは控えてください。

最後に

私も長年この方法で洗濯をしていますが、
3年前に購入した水着も傷むことなく、
今でも使用しています!

みなさんも、同じ方法で水着を大切に扱ってあげてくださいね!

スポンサーリンク

コメント