ハロウィンにかぼちゃはなぜ重要?ジャックオランタンの由来と顔の意味

ハロウィン


ハロウィンと言えばかぼちゃの飾り!

色んな表情がついたかぼちゃは今ではすっかり定番で
雑貨やお菓子にもたくさん登場しています。

ところで、なぜハロウィンではかぼちゃが主役なんでしょうか?

今回はこのかぼちゃについてのお話です。

スポンサーリンク

ハロウィンにかぼちゃが使われるのはなぜ?

おおきなかぼちゃに怖い顔をくり抜いたハロウィンの飾り。
あなたも見かけたことがありますよね。

このかぼちゃ飾り、
「ジャック・オ・ランタン」とも言います。

あれ?どこにもかぼちゃって付いてないけど?

そうなんです!

このジャックオランタン、
ハロウィン発祥の地ヨーロッパでは
もともとはカブを使って作られていました。

これがアメリカに伝わった際、現地でカブは栽培されておらず、
代わりにかぼちゃが使われるようになったそうです。

中身がくり抜きやすいので加工しやすい、
というのも広まった要因だと言われています。

スコットランド地方では今でもカブを使って
伝統的なジャックオランタンを作るそうです。

ちなみに、この飾りに使われるかぼちゃ、
日本のものと違ってオレンジ色で大きいですよね。
観賞用で食べられない品種なんだそうですよ。

ハロウィンに欠かせないジャックオランタンの由来

ところでさっきから出てくる
ジャック・オ・ランタンって何!?
これは有名な物語に由来しています。

ジャック・オ・ランタンのお話
その昔、ジャックと言う男がいました。
ジャックはお酒が好きでいつも飲んだくれ、
おまけにケチで乱暴で人に悪さばかりしていました。

あるハロウィンの夜、ジャックは悪魔に魂を取られそうになります。
ジャックは言葉巧みに悪魔を騙し、
「魂を絶対に取らない」と悪魔に約束させました。

月日がたちジャックは年老いて亡くなります。
ジャックは天国に向かいますが
生前の行いが悪かった為天国に入れてもらえません。

仕方なく地獄に向かいますが
悪魔と魂を取らないと約束していたジャックは
地獄にも入れませんでした。

仕方なく元の道に戻りますが真っ暗です。
悪魔はジャックに火の魂を一つくれます。

ジャックは火の魂が消えないように
カブで作ったランタンの中に入れ
この世とあの世の狭間をさまようようになりました。

これがジャックオランタンのお話です。

この言い伝えを元に、
ハロウィンにはカブでランタンを作るようになりました。

ここにハロウィンでの魔よけのたき火の意味も合わさり、
善霊を引き寄せ、悪霊達を遠ざける効果があると言われ
家の前に飾るランタンとなりました。

スポンサーリンク

ハロウィンのかぼちゃに顔を彫るわけは?

ジャックオランタンの由来はわかったけど…
ランタンにするならただくり抜けば簡単なのに
なぜわざわざ怖い顔を彫るのでしょう?

これにはいくつか説があります

ちょうちんジャックの顔を表現した

 もともとジャックは手にランタンを持っているだけのはずでした。
 いつしかそのランタンが人の顔をしたものになります。

 そこからさらにイメージが進み
 ランタンのお化け=ランタン頭の男
 という風にジャックのイメージができていきました。

 そのジャックの顔を表現したものが
 顔つきのランタンというわけです。
 

ランタンに怖い顔を彫ることで
 悪霊を驚かし追い払うようにした

 
 ランタンは魔よけのたき火を模したものです。
 仮装にも怖い格好をして悪霊を騙すという意味がありますし
 悪霊を追い払うためにより恐ろしく装飾したのでは?
 とも考えられているそうです。
 
 なので、笑顔やかわいらしい顔ではなく
 三角目玉にギザギザの口でこっちを見ているような
 ちょっと怖い顔のかぼちゃが多いのでしょうね。
 
 ちなみにアメリカのかぼちゃランタンは魔女の帽子を被っていたりします。
 これまた雰囲気があってハロウィンにぴったりですよ。

まとめ

いかがでしたか?

当たり前だけど実は疑問だった
ハロウィンとかぼちゃの関係はわかりましたか?

実はこんな背景があったのですね!

最近はずいぶんとモチーフ化されて
可愛らしかったりポップだったりする
かぼちゃのお化けたち。

今年はこんな由来を思いつつ
かぼちゃ飾りの表情を選んでみたり
お気に入りの顔を探してみるのも楽しいかもしれませんね。

ハッピーハロウィン!!(^^)

スポンサーリンク

コメント