MENU

    衣替えの収納アイデア!圧縮袋やボックスを駆使して収納しよう!

    季節の変わり目に衣替え!

    この時期は何かとバタバタして忙しい時期です。

    できれば簡単に終わらせたい!

    でも、もともと限られた収納場所に

    収めるには、増えてしまった服などを

    整理して片付けないといけませんね!

     

    そう考えると後回しに・・・

    でも大丈夫!

    便利な圧縮袋などを使って

    簡単に衣替えを済ませましょう!

     

    目次

    衣替えの収納は圧縮袋で!

    [quads id=1]

    衣替えをする前に、不要になった服を

    処分して、収納スペースを空ける!

    そのスペースは限られているので、如何に

    どう収めるかいつも頭を悩ませます・・・

     

    そんな時、お友達が「圧縮袋を使って、

    季節の掛布団や洋服などをコンパクトに

    収納している」という事を聞いて、

    私も試したところ、収納量が1/3も減ったのです!!

    これは絶対におすすめ!

    脱酸素剤を使えば虫食いの心配もせず!

    次のシーズンまでに安心して保管できます。

     

    では、実際に圧縮袋を使った収納の

    コツを紹介します。

     

    ~圧縮袋を上手に使う方法・注意点~

    • 洗濯やドライクリーニングを済ませる
      衣類をキレイに洗濯して、しっかり乾燥させて
      から圧縮袋に収納
      します。
      汚れが残っていたり、衣類が生乾きのままに
      収納してしまうと、シミやカビ・臭いが付く
      原因になってしまいます!
      次のシーズンに気持ち良く使えるように
      前準備をします。

     

    • 素材を確認する
      ダウンコート
      などは圧縮収納に向いていません。
      空気を抜くことで羽が傷んで(折れる)しまい、
      空気を入れても元のふんわりしたスタイルに
      ならない事があります。

     

    • 空気を抜きすぎない
      圧縮率は30%くらいが最適と言われています。
      それ以上空気を抜いてしまうと、衣類に
      負担がかかってしまい、シワや痛み
      原因になります。

     

    • 脱酸素剤を使う
      圧縮袋に脱酸素剤を入れると、空気を抜いた
      後に少し残った酸素を吸収する働きがあります。
      もし衣類や布団などにダニやカビが残って
      いても、酸素がないので生息しなくなります。
      ここで注意するのは、一年以上使う予定の
      ない物を圧縮袋に入れる場合に、防虫剤は
      一緒に入れません!
      長い期間一緒に入れていると、防虫剤の
      臭いやシミが移る事があります。

     

    • 密閉後チャック部分を濡れ布巾で拭く
      閉めたチャック部分を濡れ布巾などで拭いて
      水分を付着させると、チャックの密着度が
      高まり、圧縮袋に少しずつ入る空気を防ぎます。

     

    衣替えの収納にはボックス活用がおすすめ

    衣類を圧縮袋でコンパクトにして、さらに

    スッキリ収納するためには、クローゼット

    などのデッドスペースを上手に活用すると

    いいですね。

    そのデッドスペースにはボックスを使った

    収納をおすすめします!

     

    収納に使うボックスは、できれば同じ

    シリーズで揃えると見た目が良く、

    片づけやすくなります。

    そこで、使いやすいおすすめのボックス

    紹介します。

     

    • 無印良品(ポリエステルソフトボックス)
      素材は綿と麻の布製で、ファスナーが付いた
      スクエアボックスです。
      サイズ展開が豊富で、収納場所のデッド
      スペースに合わせて選べるところが魅力です。
      使わないときはコンパクトに折りたたんで
      収納できます。

     

    • 3COINS(吊り下げ収納ケース・スクエアボックス)
      布製の吊り下げ式収納ケースは仕切りが
      付いていて、クローゼットのポールに吊り
      下げて収納
      します。
      スクエアボックスをケースに入れて使ったり、
      圧縮袋を重ねて入れてもしっかり収まります。

     

    • ニトリ(フラッテ)
      引き出しタイプと前開きタイプがあり、
      サイズ・カラーバリエーションが豊富です。
      収納スペースにお好みのボックスを置いて
      スッキリきれいに衣替え収納ができます。

     

    ボックスを揃える前に、洋服の整理をすることもとっても大切です!

    まめテンの豆袋
    404: ページが見つかりませんでした | まめテンの豆袋 (掃除や収納など)家事・子育ての豆知識や工夫ポイントを発信。その他、生活に関することを紹介しています。

    まとめ

    圧縮袋を使って衣替えををするときは、

    圧縮袋の使い方をちょっと工夫すると

    衣類に優しく、次のシーズンもキレイ

    使う事ができます。

    もし、取り出した時にシワができた

    場合は、アイロンのスチームを使って

    優しく伸ばすと回復します。

     

    収納ボックスは、どのメーカーも

    いろいろなタイプが揃っているので、

    比較するとご家庭の収納にピッタリの

    物が見つかりますよ♪

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる