新築祝の相場 会社編!先輩・同僚だったらいくらが妥当!?

マナー

夢のマイホーム!

大げさではなく、人生で一番高価な買い物と言えますね。

 

誰もが憧れるマイホームを建てたり、

会社の先輩や同僚から招待されたりしたときは、

心からお祝いを伝えたいものです。

 

ところで、会社の方に包む「新築祝い」は

どのくらいが一般的なのか悩みますね。

 

そこで今回は、

新築祝を贈るときのマナーや金額の相場などをお話します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

新築祝い相場は先輩だったらいくら?

スポンサーリンク

お祝いの相場はどのくらいなんでしょう?

 

職場の先輩の場合は、10,000円程度ですが、

同じ部署の有志(仲間)として数千円ずつ出しあって

共同で30,000円程贈ることもあります。

 

奇数にあたる金額を包む

お祝い事や餞別で現金やギフトカードを包む場合には、

奇数にあたる金額が良いとされています。

 

その理由は諸説ありますが

二は分かれる・別れる

四は死を思わせる

六はろくでなしなど

あまり「語呂合わせが良くない」ので、

ご祝儀には偶数を包まないようです。

 

奇数でも9は「苦」を連想させるため、

お祝いごとでは避ける風習があります。

 

引っ越し祝い(新築祝)で現金・ギフトカードを包む場合は、

【1・3・5・7】の数字を意識して用意するといいですね。

 

プレゼントではどうなの?

引っ越し祝い・新築祝いでいただいたもので一番嬉しかったものは?

というアンケートの回答、

一番は現金・祝金

次に商品券やギフトカード、カタログギフトの順になります。

 

やはり品物は好みがあるので、ちょっと難しいようですね。

 

ママ友の話でも、引っ越して間もない時は、

キッチン用品やバス用品を新しくしたり

小物類を揃えたりと、何かと出費がかさむので、

現金や自分で品物が選べるカタログギフトが嬉しい

という意見が多くありました。

 

新築祝いの相場で同僚ならこれくらい

新築祝いに包む金額で同僚となると・・・

友人の場合は、5,000円~10,000円くらいで、

職場の同僚では、5,000円が一番多く

私も友達と話し合ってこの金額を包んでいました。

 

贈るタイミング

新築のお披露目に招待を受けた時は、

その時に御祝を渡す事が一般です。

招待を受けていない場合は、

家が完成して半年から2ヵ月後くらいがおすすめです。

 

お祝いを渡すタイミングで気を付けることは、

引っ越してすぐに渡すと、

荷物の整理やいろいろな手続きなどで

とても忙しくしている時なので、

先方に気を遣わせてしまいます。

 

また、引っ越してから長く時間が経ってしまう(2か月以上)のも

よくないので気を付けましょう。

 

気を付ける事

新築祝いのギフトでは贈るものに気を付けることがあります。

 

それは、会社の上司や先輩など目上の人には

マットやルームシューズなど

「足で踏む」ものは『踏み台にする』イメージがあって

ギフトに向いていません。

 

また、「火」を連想させるものも避けます。

壁掛けの時計や額縁なども、新しい家に穴を

あけることになるので気をつけた方がいいですね。

 

こちらの記事でも詳しくまとめています!

引っ越し祝いおすすめランキング!気になる金額や友達へ贈るおススメ品はこれ♪
仲のいい友人が引っ越しすることになったんだけれど、 引っ越し祝いを贈るなんて数年に一度あるかないかの事なので迷ってしまいますよね。引っ越し祝いには何を贈ったら喜んでもらえるのか、実際に私が引っ越ししたときに頂いたものや嬉しかった物も含めてご紹介していきます♪

 

新築祝いののしはどうする?

贈り物に付ける熨斗(のし)にもマナーがあります!

 

新築祝い(引っ越し祝い)などの熨斗には「蝶結び」を使います

何度あっても嬉しい事という意味合いで使われます。

 

~表書き~

  • 『御新新居祝』
  • 『祝御新築』
  • 『御引越御祝』

が使われます。

 

のしの書き方マナーはこちらにまとめています!

引っ越し祝いの金額の相場やマナーを しっかりマスターしよう!
友人や職場の方が、念願のマイホームを手に入れたり引越しをするとき 日ごろお世話になっている感謝の気持ちを込めて「引っ越し祝い」を贈りたいですね。 「引っ越し祝い」は、新築祝い・餞別などそれぞれのケースによって金額の相場は変わります。...

まとめ

新築祝いの相場と言っても、同じ職場で

友人でもある場合と、仕事上の付き合い

という関係性もあります。

そういう場合は、微妙に金額も変わってきますね。

 

お祝いを贈る相手とどのよな関係性で

あっても、「相手に気を遣わせてしまわない

金額にする」という事が大切です。

 

また、職場の場合は、周りの方と

金額を合わせるために、親しい方に

聞いてみるのもいいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました