引っ越しの手続きで子供が転校するなら?学校への連絡方法まとめ!

引っ越し

通学している子供がいる場合の引っ越しは、

学校への連絡や手続きなど、

今通学中の学校と、新しく通学する学校とで

いろいろな手続きをしないといけないから大変です!

 

その連絡のタイミングや必要書類を揃えるなど、

することがたくさんあります!

そこで今回は、

小・中学校の転校の手続きについてお話します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

引っ越しの手続きで転校になる場合はどうすればいい?

スポンサーリンク

引越が決まったら子供の学校はどうしよう!!

と少し焦ってしまいます。

 

私も引っ越し経験がありますが、

引っ越し準備と一緒に進めていかないといけないので慌しく、

必要書類が足りなくて何度も手続きをしに行った!

なんてこともあります・・・

 

大切な子供の学校のことなので、ここは

しっかりミスがないように必要な手続きを

確認しながら進めていきましょう!

 

転校の手続きは、

引っ越し先の住所が同じ市区町村か市外・県外か、

公立か私立なのかによっても違いがあります。

それぞれの条件で必要になる書類や手続きの手順をお伝えします。

 

 

転校に伴う必要書類

公立の学校

同一市区町村他の市区町村
・在学証明書

・教科書給付証明書

・転入学通知書

・在学証明書

・教科書給付証明書

・転入学通知書

・新しい住民票

在学証明書と教科書給付証明書は、

今通学している学校で発行してもらえます。

 

その他の必要書類は、引っ越し先の役所で発行してもらえます。

 

*私立の学校への転入の場合は、学校ごとに違うので、

転校を希望する学校へ必要書類の問い合わせをして揃えます。

 

転校の手続き

同一市区町村の公立学校

  1. 現在通学中の学校に、転校の旨と新住所・
    転校先を伝え、在学証明書と
    教科書給付証明書を発行してもらう
  2. 役所に引っ越しの転居届と一緒に在学証明書を提出する
  3. 役所から転入通知書を発行してもらう
  4. 転校先の学校へ必要書類3つを提出する

 

他の市区町村の公立学校

  1. 上記の1と同じ
  2. 現在の役所に転出届を提出する
  3. 引っ越し後14日以内に、引っ越し先の役所で
    転入届を提出し、転入学通知書を発行してもらう
  4. 転校先の学校に、在学証明書・
    教科書給付証明書・転入学通知書を提出する

 

私立の小・中学校の手続き

  1. 転校したい学校へ転校に際して(転校の条件や
    試験などについて)問い合わせをする
  2. 面接・転入試験を受けて、合格した
    場合のみ転校可能になる
  3. 合格した場合、現在の学校に転校の
    旨を伝える(学校によっては転校届が必要になる場合もある)
  4. 転校先の学校に必要書類を問い合わせて、
    それに合わせて書類を準備する
  5. 必要書類を転校先の学校に提出する

 

*私立の学校では、授業内容のカリキュラムも
独自のものを使っている所が多いので、
教育方針や学習指導要綱などもしっかり
調べておくことをおすすめします。

 

引っ越しの手続きで学校に連絡するのはいつどうする?

引っ越しが決まったら、在学中の学校には

できるだけ早めに伝えます。

 

書類を作成するには時間がかかる場合もあり、

また、引っ越しシーズンや親の転勤が重なる時期は

学校側も書類作成に追われます!

新住所が決まっていない時期でも引っ越しする旨は伝えるとスムーズです。

 

早めに学校に連絡すると言っても、子供が

「まだクラスメイトには話してほしくない」

という場合もあります。

そのときは、学校に訳を話しておけば大丈夫です。

そして、在学中の学校や転校予定の学校へ訪問する時は、

事前に訪問する旨を電話連絡しましょう。

 

まとめ

引っ越しで転校をする場合は、

全てのことを早めに進めることが大切です!

必要書類を揃えるのに時間がかかるものもあるので、

大変な時期ですが家族と協力して進めましょう。

 

そして、お子さまも学校が変わるという不安があります。

家族で会話を持ちながら、少しでも気持ちを

話せる環境をつくることが大切ですね。

スポンサーリンク
引っ越し
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yuyuをフォローする
スポンサーリンク
happy days!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました