浴槽の水垢の落とし方!茶色やうろこになっていても落とせるの?

掃除

毎日お風呂掃除をしていても、なぜか

水垢が付いていることありませんか?

 

浴槽クリーナーを使って、ブラシでこすっているのに

いつの間にか付いていると残念な気持ちになります・・・

 

一日の疲れを取ってリラックスしたいバスタイム!

キレイなお風呂でゆっくりしたいですね。

 

今回は、浴槽の茶色になった水垢や、

うろこ汚れの落とし方についてお話します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

浴槽の水垢で茶色い汚れ対策

スポンサーリンク

頑張って掃除しても水回りには水垢が付いてしまいます!

それはどうしてでしょうか?

 

水垢の原因

お風呂で白い水垢をよく目にしますが、

この水垢が付いてしまうのは水道水の成分が原因です。

 

水道水はカルキ成分で消毒されていて、

このカルキが微量ずつですが浴槽に付着して乾燥を

繰り返していくことで白くうろこ状に残ってしまうのです。

 

水垢の色の原因

カルキの成分は、マグネシウム・カルシウムなのでアルカリ性になります。

この成分は白色ですが、

お風呂で使うボディーソープやシャンプーが混ざって

白色以外の水垢も発生します。

 

水垢の色によって汚れの落とし方が変わるので、

まずは茶色の水垢の落とし方をお話します!

 

茶色の水垢の正体は

石鹸と一緒に洗い流した垢がこびり付いたものです!!

なので、茶色の水垢を落とすためには、

ご家庭で使っている石鹸やシャンプーなどと

反対の性質を持つ洗剤で落とす必要があります。

 

例えば、

弱酸性のボディーソープを使っている場合、

水垢を落とすためには、反対のアルカリ性の洗剤を使うと落ちやすくなります。

浴室のボトルをチェックしてみてください!

 

白色の水垢には酸性の洗剤を使うと汚れが効率的に落ちます。

 

では、酸性の洗剤・アルカリ性の洗剤それぞれ

具体的にどんなものを使うといいでしょうか?

 

酸性の洗剤

クエン酸アルカリ性の白色の水垢を落とすのに力を発揮します

クエン酸でお掃除!効果がある汚れと掃除方法は?
スーパーとかドラックストアなどで重曹と一緒にクエン酸を よく見かけるけど、使い方が今一つよくわからない。 クエン酸は重曹と全く違う使い方なのかな? クエン酸はどんな場所に使えるのかな? 上手なクエン酸お掃除の方法をご紹介しま...

 

クエン酸は粉末タイプが多く市販されていますが、

スプレータイプの洗剤もあります。

粉末タイプは10gに対して水200ml位の割合で溶かして使います。

 

浴槽の頑固な白い水垢があったら、

洗剤を付けてラップなどで一時間くらい湿布し、

浸透させてから汚れを落とすと取れやすくなります。

 

アルカリ性の洗剤

重曹は、タンパク質や皮脂汚れなどの

酸性の汚れやピンクの菌の汚れ、

茶色の水垢などの汚れを落とす効果があります。

 

重曹成分は炭酸水素ナトリウムです。

粉末や液体タイプもあり、使い方はクエン酸と同じです。

ナチュラルクリーニングの救世主! クエン酸と重曹の違いとは?
掃除場所によって洗剤を使い分けするのは面倒。 洗剤を収納する場所も必要になるし。 でもこれ一本で!!とうたってる洗剤は値段が高くて手が出しにくい… お手頃で、環境にも優しい エコだけどしっかり効果がある汚れ落としを知りたい!...

浴槽の水垢のうろこ汚れにはこれ!

クエン酸と重曹を使った水垢落しをしても

汚れが取れない時もあります!

そんな時はちょっと違う方法で落としてみましょう。

 

水垢と湯あかの違い

一見同じ汚れと思いますが、

実は水垢と湯あかの成分は違うのです!

 

水垢はカルキ汚れが主なアルカリ性で、

湯あかは石鹸カスなどが混ざっているので酸性です。

 

水垢と湯あか両方が混ざって付いているうろこ状の汚れは、

クエン酸と重曹をそれぞれ使っても落ちない時があります。

そんな時は次のような洗剤に変えてみます。

 

キッチンハイター

キッチンハイターには、

『苛性ソーダ―という水酸化ナトリウム』が入っています。

これは強いアルカリ性なので、

しつこい皮脂汚れやたんぱく質を分解してくれます!

 

使う時は、1ℓの水に対してキッチンハイター2㎖を入れ

混ぜ合わせスプレーボトルに入れて、うろこ汚れに

吹き付けスポンジでこすって落とします。

 

顔や目に入らないように注意します。

私はツンとした匂いが苦手で、マスクをして掃除します。

 

また、キッチンハイターには混ぜるな危険と書いています!

ハイターを使った後にクエン酸など違う成分の洗剤を使う場合は、

ハイターをよく流し一時間以上経過してから使うようにしましょう!

 

まとめ

水垢といっても、お風呂の時に使っている

石鹸やシャンプーの成分で汚れの性質も変わってきます。

 

効率よく水垢を取るには、入浴時に使っている石鹸などの成分と

反対の洗剤を確認して使うといいですね。

長年の頑固汚れを落とすチャンスです!!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました