MENU

    トイレのつまりの原因と治し方!ワイヤーで簡単解決

    突然ですが!

    自宅のトイレが詰まったことがありますか?

    我が家では子どもが小さい時に、トイレットペーパーで

    遊んでトイレを詰まらせたことがあります!!

    その時は大慌てでしたが、なんとか

    業者を呼ばずに事なきを得ました。

    こんな困ったことって案外多いですね!

    そこで今回は、トイレが詰まった時に、

    ご家庭でできる解決策をご紹介します。

    目次

    トイレのつまりの直し方

    トイレが詰まったらとっても慌てます!!

    それが夜で修理の依頼ができない場合はなおさらです。

    そんな時少しでも落ち着いて対処ができるように、

    トイレ詰まりのいくつかの原因と

    簡単な対処方法を知っておくと心強いものです!

    トイレの詰まる原因

    • 異物を誤って流してしまう

    ご家庭の詰りの原因で一番多いのは、

    この異物が紛れ込むことではないでしょうか!

    トイレは基本的にトイレットペーパー以外の物は

    流してはいけないようになっています。

    小さい物でもトイレに落ちた時は、

    躊躇しないでゴム手袋をして拾う事をおすすめします。

    また、流せるトイレクリーナーでも、

    一枚以上を続けて流すとつまりの原因になります!

    使用方法を守って、一回一枚を流すようにしましょう。

    • 水流の圧力不足

    ほとんどのタンクトイレには大・小のレバーが付いています。

    大の時に小で流していることが続くと、

    必要な水流が得られないのでつまりの原因になります。

    トイレの内部の配管は複雑で、ある程度の水流がないと

    内部にある固形物が流れず詰まりを起こしてしまうからです。

    また、節約のためにタンクに水の入ったペットボトルを入れて

    水量を少なくする方法がありますが、

    実はこれも水量が減るため詰まる原因になります。

    簡単な対処方法

    • 水を流す

    シンプルな方法ですが、ちょっとしたコツがあります。

    この方法は、水に溶けるはずのものが詰まった時に効果的です!

    ポイントは、ペットボトルなどに水を入れて、

    少し高めの位置から排水口に向けて

    ジョロジョロ空気と水を一緒に入れる感じで注ぎます。

    詰まったものは溶けづらくなっているので、

    少しずつ流すことで便器の中に動きを作って隙間を作ります。

    水位が高い時は、排水口に向けて水を流しても届かないので、

    バケツやポンプで水をくみだして、排水口にかぶさる位の水量にします。

    溶けるものが詰まりの原因の場合は、重曹を使う方法もあります。

    あわせて読みたい
    トイレの詰まりの対処法!重曹やお湯で解決! トイレが詰まった!! そんな時とっても焦りますね! プロにお任せする前に、 まずは何とか自分で直してみたいもの。 おもちゃやスマホなど、固形物を落として詰まった場...
    • ラバーカップ(カッポン)

    スティックの先にお椀を逆さにしたような

    ゴム製のラバーカップが付いた器具です。

    トイレが詰まったらまず最初に思い浮かぶ器具ではないでしょうか!?

    使い方は、便器周囲が汚れないようにシートを敷きます。

    そして、便器の排水口の部分に出来るだけ隙間が

    できないようにラバーカップを付けて、

    ゆっくりと排水口に向かって押して、

    そのあと勢いよく引き抜いて

    排水口に排水が流れていくまで繰り返します。

    この作業をして詰まりが改善されない場合は、

    業者に依頼する事をおすすめします。

    次の対処方法は、少し技術が必要です!

    トイレのつまりはワイヤーで直せます

    この方法は最終手段というか、

    詰まりの症状がかなり困難なときに行います。

    ワイヤーブラシで直す方法

    ワイヤーブラシの長さは、ご家庭のトイレの場合

    5m位のもので十分です。

    市販されている物の価格は、2,000~5,000円くらいです。

    *手順

    1. 便器周囲にシートを敷く
    2. ワイヤーを伸ばし便器の中に入れる
      トイレの底の方に2mくらい入れます
    1. ワイヤーをねじりながら入れる
      排水管の側面を添わせるように捻じりながら入れます
    1. ワイヤーを動かす
      詰りを崩すイメージでワイヤーを前後させます。
      この作業をある程度行っても改善しない場合は、
      業者に修理の依頼をする事をおすすめします。

    まとめ

    トイレの内部の排管は細くなっていたり複雑なので、

    詰まった時のご家庭でできる対処法では深部まで到達できません。

    紹介した方法を数回しても改善しない場合は、

    早めに専門の業者に修理してもらいましょう。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる