キャンプの服装で、子供に着せるなら!夏のコーデと虫よけできる服装のポイント

アウトドア

毎年子供が楽しみにしているキャンプ!

日頃は体験できない事をたくさん経験させてあげたいですね。

 

楽しみだけどちょっと気になるのは子どもの服装です。

夏のキャンプだと昼間は暑いけど夜の気温はどうなの?

虫刺されのことも心配!

 

そこで今回は、キャンプの夏のコーデ!

虫刺され対策も一緒にお話します。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

キャンプの服装で夏向けのコーデポイント

スポンサーリンク

キャンプでは汚れることは避けられません!

そして、思わぬ怪我をするときもあります。

子どもはとにかく元気いっぱい!

あらゆることを予想して服装を選ばなければ、

後で後悔する事も…

キャンプでの服装選びは重要です!

ポイントをおさえましょう!

 

夏キャンプでの服装ポイント

✤長袖はマスト

夏のキャンプでも薄手の長袖は必須です。

キャンプ場は自然の中にテントを張って過ごすことが殆どですね。

蚊や毛虫に刺されたり、草でかぶれる事もあります。

夜は気温が下がって寒くなることもあるので、

長袖の羽織れるものを数枚持っていくことをおすすめします。

 

✤汚れても気にならない服装

オシャレさせてあげたいけど、

子どもは水に濡れたり泥んこになったり、

大人が思うよりずっと汚してしまいます!

アウトドア用の子供服はオシャレで機能的ですが、

お値段が高め、一組は揃えても、

他に思いっきり汚してもいい服を持っていきましょう。

 

✤パジャマは不要

家で着ているパジャマは、

キャンプで夜トイレに行くときなどは肌寒いし、

夜だけ着るパジャマは荷物になります。

それなら遊び着にもなるスエットの上下ジャージがおすすめです。

 

セパレートタイプのレインウエア

レインコートやポンチョは

子どもがキャンプで着ると意外に邪魔になります。

元気な子供は動きが激しいので、

足元がひらひらしたコートより

上下分かれているセパレートが動きやすいですね。

そして、特に天気の変化が多い夏にはレインウエアが必要です。

 

では、実際にキャンプコーデに必要な

服・着替え(1日分)は次のようになります。

・半袖・長袖シャツ各4~5枚

・長ズボン2枚・半ズボン1枚

・下着(パンツ・シャツ)各3枚

・靴下  2枚

・トレーナー1枚・薄手のパーカーまたはカーディガン2枚

・ジャージ1~2枚

・レインウエア 1枚

・帽子 1つ

・靴(運動靴・マリンシューズ)各1足ずつ

・水着(川に入る場合は必要です)

 

キャンプは虫よけを意識した服装を!

キャンプと言えば虫との戦い!?

虫よけ虫対策が必要です!

 

子どもは汗っかき!

蚊は汗のにおいを好んでやってきます。

なので、よく汗をかく子どもによってくるから、

頻繁に汗を拭いて皮膚をサラサラにしてあげましょう。

 

また、黒っぽい服にもよってくるとも言われます。

子どもの服装は明るめで、

なるべく露出の少ない長ズボンを選ぶといいですね。

 

そして、画期的な「着るタイプの虫よけ服」があるのです!!

CAYA(カヤ)というブランドのベビー・子供服が

虫よけ加工が施されているので、

着ているだけで虫対策ができ来ます。

 

70回洗濯しても虫よけ効果が持続できて、

ディート不使用なので赤ちゃんにも

安心して使用できる嬉しい機能がいっぱいです。

 

私がCAYAでおススメなのは、メッシュのパーカーです。

大き目のドット柄で色とデザインがおしゃれで可愛くて、

アウトドアはもちろん日常でもいつでも着たくなるウエアです。

サイズは80~150まで展開していて、

価格は6,900円くらいで通販で購入できます。

他にも長袖のTシャツなどデザイン性があるオシャレなものばかりです。

 

それでも蚊に刺されてしまった時は、痒み対応で早めの処置をしましょう!

夏の大敵!蚊に刺された時のかゆみを抑える方法は!?
夏になると海や山のレジャーなど楽しいことが事がたくさんありますね♪ 野外で遊ぶ時間が多くなる季節には、あのいや~な蚊が出現してきます!! 蚊に刺されると掻いちゃダメとわかっているけど 痒いから無意識に掻いてしまって...

 

 

まとめ

子どものキャンプでの服装は、

水と汚れと虫と気温の対策がとても大切です!

対策ばかりを考えて、

残念なコーデになると女の子はすねてしまう事も・・・

その場合は、帰る日はあまり汚れないので、

お気に入りのトップスを着せてあげてもいいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました