MENU

    扇風機の羽の掃除方法とおすすめの洗剤でスッキリきれい!

    扇風機の掃除の頻度はどれくらいですか?

    この間したばかりなのにまた汚れている!

    ホコリがすぐ付くなんて経験はありませんか?

    我が家ではエアコンと扇風機を使って部屋の空気を循環しているのですが、

    直ぐに付いてしまう扇風機のホコリが気になって、

    手軽に出来るお掃除をいろいろ試してみました。

    そこで今回は、扇風機のホコリが付きやすい部分を分解し、

    おすすめの洗剤を使ってキレイする方法をご紹介します。

    目次

    扇風機の簡単な掃除方法

    扇風機を掃除をするときは、やはり目につくホコリを取ることを一番にしますね。

    ホコリが取れると後は簡単に扇風機がキレイになります。

    でも、そのホコリを濡れ雑巾で拭いてしまうと

    なかなか取り除けなくてイライラすることも・・・

    そこで、掃除機を使ってホコリを取るとキレイになるのですが、

    それよりももっと簡単にキレイにできるのは、

    ハケやブラシ」を使って取る方法です。

    ハケやブラシはホームセンターや通信販売で購入できます。

    我が家では、ブラシで網戸やエアコンのフィルターのホコリを取り除いています。

    私がいろいろ試した中で一番良かったのは、掃除機で吸うのではなく「ハケ」で取り除いて、そのあと乾いた雑巾で拭く方法です。

    では、ハケを使った扇風機の簡単な掃除方法を紹介ます。

    扇風機の掃除方法

    *準備するもの*

    ・ハケ

    ・雑巾

    ・新聞紙

    ・ウタマロクリーナーまたは台所洗剤

    *手順*

    1. コンセントを抜き、扇風機の周りに新聞紙をひく

    安全のために掃除をするときは必ずコンセントを抜きましょう。

    1. ガードを外す

    まず前面のガードを外して、広げた新聞紙の上に置きます。

    次にプロペラを回しながら取り外します。

    1. 扇風機のホコリを取る

    ハケを使って、初めに後面のガードから掃除をします。

    まず、ガードの細くなっている部分から広くなっている方向へホコリを移動して取り除きます。

    次に前面のガード、プロペラの順番に掃除していきます。

    1. プロペラを洗剤を使って汚れを落とす

    プロペラにウタマロクリーナーを吹き付けて、乾いた布でふき取ります。

    (ウタマロがない場合は、台所洗剤を薄めたものでも代用できます)

    汚れが取れたら、水に濡らした雑巾で洗剤分を取り除きます。

    (ウタマロクリーナーは二度拭き不要です)

    1. ガードを拭く

    ホコリを取ったガードを雑巾で拭き取ります。

    少しベタ付いたところがある場合は、プロペラのように洗剤を使って汚れを取ります。

    1. 扇風機全体を拭く

    雑巾で全体を拭いて乾燥させます。

    1. 部品を取り付ける

    分解した部品が乾燥したらすべて取り付けて完了です。

    分解掃除が面倒…!そんな時はこちらの方法でささっと掃除がおススメです♪

    扇風機の掃除におすすめの洗剤は?

    扇風機の掃除に使う汚れ落としは、中性洗剤がおすすめです。

    中性洗剤と言っても種類が豊富で何を使うか迷いますね。

    そこで、評判のいいものやおすすめの洗剤をご紹介します。

    <中性洗剤の特徴>

    洗剤には酸性・中性・アルカリ性があります。

    中性洗剤は、他の2つに対して洗浄力は弱くなりますが、

    素手で触れて素材を痛めることが少なく使い勝手のいい洗剤です。

    扇風機の汚れはホコリが主なので、

    ホコリを取った後の汚れ取りに適しているのは『中性洗剤』です。

    おすすめの中性洗剤

    扇風機の掃除はもちろん、フローリングを含め素材を痛めにくいのでいろいろな掃除に使えます。
    二度拭き不要です。

     

    スプレーして1分くらいして拭き取ると、こすらず汚れが落ちます。
    二度拭きが必要ですが、除菌もできて便利な洗剤です。

      

    まとめ

    扇風機の掃除はシンプルで、ホコリが取れると簡単にキレイになるのですが、

    掃除をしてもすぐにホコリが付いてしまうところが難点です!!

    ホコリがしっかり溜まってから掃除をするのは大変なので、

    ガードの部分だけでも定期的にハケを使ってホコリを落とすと

    次の掃除がとても簡単になるので、

    掃除の「ついで」に掃除機で吸い取るといいですよ。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

    CAPTCHA

    目次
    閉じる