赤ちゃんに扇風機を安全に使おう!扇風機の風のぐあいと夜の使用について

マメ知識

気温が高くなってきたら、

赤ちゃんにはエアコンより

自然の風で涼しくなる扇風機

選んだ方がいいのか悩みますね。

 

赤ちゃんは体温が高くて汗っかき!

暑いだろうと室温を下げ過ぎると体温が低くなりすぎます

冷房器具を使う時はとても気を付けなければいけません。

 

今回は、赤ちゃんに快適な空間づくりと

安全に扇風機を使うポイントについてお話します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

赤ちゃんに扇風機を当てる時の注意ポイント

スポンサーリンク

赤ちゃんに快適な室温にしようと

大人と同じ感覚で温度を設定していませんか?

私が新米ママの時はそうでした。

でもちょっと違うようです・・・

 

定期検診時の保健婦さんのお話では、

赤ちゃんに最適な温度は夏場で26~28℃くらい、

湿度は45~60%ということでした。

大人には少し汗ばむくらいの室温と湿度ですね。

この適温を考えると、

大人の感覚と同じように

室温を設定すると冷えすぎてしまいます

 

扇風機も、デリケートな赤ちゃんに使う時は工夫が必要ですね。

 

扇風機を当てるポイント

 

  • 扇風機の角度に注意して間接的に風を当てる

扇風機を赤ちゃんに直接当てると、必要以上に体温を奪って体が冷えすぎてしまうことも!!

なので、扇風機を壁に当て、首振り機能で間接的に風を送ります。

 

  • 必ず様子を見る

赤ちゃんは体温調節が未熟なので、少しの気温変化でも冷えすぎたり、暑くて汗をかいたりします。

室温計をチェックしながら最低でも1時間に一回は様子を見ます。

 

  • エアコンと同時に使う事も考える

赤ちゃんの手や足先が冷たいと感じるときは、体が冷えすぎているかも知れません。

扇風機を一時止めるかもう少し離れたところに置きましょう。

逆に、手足が温かく汗もかいている場合は、赤ちゃんは暑いのかも知れません。

室温を見ながら冷えすぎないようにエアコンと併用することを考えます。

 

  • 赤ちゃんの体がぬれているときは注意する

赤ちゃんがお風呂上りで体が少し濡れていたり、汗をかいて濡れている場合は、

その体に付いた水分が蒸発するときに熱もたくさん奪われます。

体が濡れているときは、扇風機の風が当たらないよう特に気を付けましょう。

 

また、イタズラ対策もしっかりしておきましょうね!

扇風機の赤ちゃん対策!風の当て方やいたずら防止はこうしよう!
扇風機の風で涼しくして、 赤ちゃんが快適に過ごせるようにしようと思うママは多いですね。 私の子供も赤ちゃんの時に扇風機を使っていました。 でも、赤ちゃんに扇風機を使う時は、 「これは大丈夫?」と心配になること...

赤ちゃんに扇風機を夜の間も使う場合

熱帯夜などと聞くと寝苦しさがすぐに頭に浮かびます!!

夜間も赤ちゃんを快適に眠れるようにしてあげたいですね。

 

扇風機を夜間に使う場合は、

少し工夫して赤ちゃんを快適に

寝れるようにしてあげましょう!

 

扇風機の風向きを工夫する

窓を少し開け、扇風機を外に向けて回すと、

室内の暑い空気が外に逃げて、

代わりに外の涼しい空気を室内に取り込むことができます

 

でも、防犯上窓を開けたくないという場合は、

部屋のドアを開けて廊下側に扇風機の風を送ります。

こもった室内の空気を廊下に出して、

廊下側からの空気を室内に取り込みます。

 

氷を使って涼しくする

洗面器などの少し大きめの器に氷を入れて、その上に塩をのせます。

それを扇風機の前に置いて、

扇風機の風が塩と氷に当たるようにすると、

ひんやりとした涼しい風を部屋中に送ることができます

 

ハイハイができる赤ちゃんが触って危ない!という場合でも、

夜間に使えば心配が少ないですね。

 

いろいろ工夫しても熱帯夜の気温が下がらず寝苦しい場合は、

エアコンを使って室温を調節することをおすすめします

 

エアコンと扇風機の併用で電気代も抑えられるので

節約にはあまり気を取られすぎずに使うといいですよ!

エアコンの除湿は効かない!?実際の効果と冷房とはどっちがいいの?
ジメジメした季節や洗濯物が乾かないときは、 エアコンの除湿機能を使うか! それとも冷房にした方がいいのか迷いませんか? 私の周りは、エアコンの「除湿は効果がないからあまり使わない」という意見が多いのです! 本...

まとめ

デリケートな赤ちゃんを涼しくしてあげるには、

扇風機の自然の風が一番!と考えますが、

赤ちゃんの様子をこまめに見て、冷やしすぎたり、

暑くて汗をかかせていないかなど

よく見てあげることが大切ですね。

 

また、扇風機だけでは夜間の暑さに耐えられない!という場合は、

赤ちゃんにとって適温になるように、

エアコンを数時間使って併用することも必要です。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました