卒業式や入学式でおすすめのバック セレモニーでも個性を出したい!!

入学・卒業

卒業入学式の準備は出来ましたか?

 

お子さまの準備ができたら次はママの準備ですね。

服は決まったけど小物はまだ決まっていない!悩んでいる・・・

 

セレモニーの服装ではシンプルでシックな装いが多いので、

バックや靴などの小物

他のママとちょっとだけ差をつけられます!

 

でも、あくまでも式典なので

華美にならず素敵に個性を出したいですね。

 

そこで今回は、式典に使うバックに注目!

バランスや旬な小物使いのまとめです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

卒業式や入学式のバック 服装とのバランスは?

スポンサーリンク

フォーマルのバックは無難で

どの服にも合うものにしていいかな~と考えがちですね。

 

特に決まりがないとはいえ、

フォーマルな装いに合わせるバックも大切なポイントがあります。

 

セレモニーバック選びのポイント

  • 素材

素材は、革・合皮・ナイロンなどがありますが、おすすめは革や合皮です。

ナイロンはサブバックとして使えるけど、

それをメインにするとカジュアル感が強いのでおすすめできません。

 

合皮の場合、数年使っていなくて取り出したら

経年劣化でボロボロ剥がれていた!!

なんてこともあるので、式の数日前に必ず確認しましょう!

 

・色

主流になるのは黒・ベージュ・ネイビー・ブラウンになります。

黒が無難かな?というのは、

卒業式ならいいですが入学式となると少し違うのです。

 

入学式の服装は明るめの色を選ばれるので、

そこにブラックバックを合わせると重たくなって浮いてしまいます

黒はオシャレ上級者に向いている様です!

 

では、おすすめは?

ベージュ・ピンクベージュなどの甘めが苦手という方には、

ネイビー・ライトブルーです。

 

ネイビーはさわやかな印象になって、

卒業式にブラック、ネイビーの装いには勿論、

ホワイト系の淡色との相性も良くバランスがいいです。

 

  • 形・大きさ

フォーマルの形としては

・大きくなく小ぶり(ハンドバッグ)

・被せがある(ふた)形、中身が見えないように閉められるもの

・ワンハンドルの持ち手(ショルダーではない)

になります。

すべて合わせなくていいので、どれかに当てはまるものを選びましょう。

 

小ぶりと言っても、最近は

A4横型のバックでサブバックを持たなくて済むようにしている方もいます。

また、バックにコサージュやスカーフなどを

あまり大きすぎないものを付けてアレンジしても素敵です。

流行も押さえたい卒業式や入学式で人気のバックはこれ!

自分らしいバックにしようと思うけど、

流行りや人気のバックもやっぱり気になりますね。

 

人気のフォーマルバック

  • イウハ本革台形型ハンドバック

台形型のハンドバック

クラシカルな持ち手で雰囲気がよく、

シンプルで小ぶりの同系色のスカーフなど巻いてアレンジできます。

 

  • GIANNI TOTEBAG軽量バック

色は5色あって服に合わせやすいですね。

バック上部にはファスナー式で中身が見えないのがいい!

大切な荷物を落とす心配もありません。

取り外しのできるショルダーが付いていて、日常でも活躍できそうです。

 

  • サマンサタバサアンドシュエットソフトフォルムハンドバックブリエM

人気のサマンサタバサのハンドバック!

シンプルで右下にロゴが入っていますが、

ブランド名がさりげなくフォーマルにぴったり。

 

  • Sentinoトートバックスクエアトートバックレディース

A4サイズもきれいに入るバックで、

口が多き開くので中身の出し入れがスムーズなのが嬉しいデザイン。

 

  • mini harmony本革ショルダーバック

マットな質感の本革(牛)シンプルだけど

バンブーの留め金がアクセントになって存在感があります。

長財布、携帯、ポーチが入るくらいのサイズで、カラーは4色。

 

価格は、6,000円~15,000円代です。

 

一度だけ使うのなら、プチプラでもあり!

ポイントさえ押さえれば掘り出し物がありますよ♪

卒園式のバックはブランド重視?それともしまむらでプチプラ?
卒園式のバック。 前から持っているフォーマルバックにしようとクローゼットから出したら 外側の合皮がボロボロ取れていた!! なんて経験ありませんか? わたしはあります!! 合皮のフォーマルバックだけど形が気に入っていて お...

まとめ

卒業式、入学式で持つバックは、

服装とのバランスが大切ですね。

 

黒のバックを使うときは重くなりすぎないように、

明るめの服装には淡い色の小物がしっくりきますね。

 

小さめ同系色のコサージュ・スカーフなどを使ってみたり

自分らしいアレンジを楽しんでください!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました