医療費控除は妊婦検診の補助券を使うとどうなる?交通費は?出産前に確認を!

出産

プレママになって赤ちゃんが待ち遠しい気持ちと、

これから妊婦健診から出産まで

どのくらいの費用が掛かるのか気になる事も増えますね。

 

その気になる費用ですが、

もらえるお金や控除申請できるものがあるのをご存知ですか?

 

医療費控除を知って、

保険や自己負担などの心配な事を少なくしましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

医療費控除は妊婦検診の補助券を使った残りを申請可能!

スポンサーリンク

妊娠、出産は病気とはちょっと異なるので

医療費控除ができるのかどうか判断に迷いますね。

 

結論から言うと、妊娠出産に関わる医療費は

通常の医療費と同じく控除の対象になります!

 

妊娠から出産に伴う一般的な費用で控除対象になるもの・ならないもの

 

控除対象になる控除対象にならない
妊婦健診費用妊娠検査薬代
出産費用初めて産婦人科に

行くときの交通費

入院費用
妊娠検診時の

交通費

出産時の交通費

控除対象にならない費用の理由は、

妊婦かどうかわからない時期のもの、

つまりはっきり分からない費用は対象外になります。

 

また、医療費控除の対象になるのは

補助金や一時金などで受け取ったお金を差し引いたものだけになります。

 

ここでは、妊娠・出産で掛かるお金、もらえるお金について見ていきますね。

妊娠

*妊婦健診*

妊娠が分かったら、まず市役所に行って母子手帳をもらいます。

その時に妊婦検診補助券を一緒に渡されます。

妊娠出産は健康保険が使えません、

なので妊娠中に受ける検診は自己負担になるのです。

 

でも、この補助券を使うと検診に係る費用が助成されて、

自己負担額が0円~数千円になる場合が多いです。

 

市町村によって、毎回窓口で自己負担があるところや、

血液検査などがある場合だけ自己負担があるなど、

その地域によって異なるので額が一律ではありません

 

市町村によっては、ほぼ無料で検診が受けられるところもあります。

自分の住んでいる所はどうなのか調べると安心ですね。

 

補助券を使い切った後の検診は全額自己負担になります。

この、自己負担分は医療費控除の対象となります。

 

出産

*出産一時金*

この制度は、健康保険が効かない出産や妊娠で掛かる費用による

家計の負担を軽減してくれる制度です!

 

一児に付き42万円が支給されます。

多胎児なら【子どもの数×42万円】になります。

 

*条件*

この制度を利用するときは、条件があります。

それは、健康保険に加入していることが必須になります。

その他に対象になるのは、

健康保険に加入している方の

配偶者または扶養家族であることです。

 

被保険者・被扶養者が、妊娠4ヵ月(85日)以上で出産したときに

出産一時金」として支給されます。

早産などの場合でも対象になります。

 

妊娠22未満での出産、

または産科医療補償制度に未加入の医療機関等における出産の場合は、

40万4,000円となります。

 

出産は高額なのですが、この一時金制度でほとんどまかなうことができます。

この制度があるのはとても心強いですね。(平成29年度現在)

 

妊婦検診費用と同じく、一時金を差し引いて足が出た場合は

その分が医療費控除の対象となります。

 

医療費控除で妊婦検診の交通費はしっかり確認しよう

妊娠検診費用は医療費控除になるとお話しましたが、

他にも控除対象になる費用があります。

その中に交通費なども含まれます

 

交通費の控除にはいくつかのルールがあります。

・控除を受けるときに必要なもの

証明書の提出(保管)、Suicaの場合は、履歴を印字します。

領収書がない場合は、家計簿などに記録して

実際にかかった費用を明確にしておくことが大切です。

医療費控除の交通費の証明と申請方法 ・請求する際のおすすめ記入方法
病気やけがは予期せぬ出来事! 収入はある程度決まっているのに出るお金は予定にないことが多いですよね。 医療費は通院など長くなると交通費も高くなって家計も大変です。 一年医療費がたくさん掛かってしまったけど交通費も申請したら還付され...

 

・タクシーを利用した場合の代金は、出産の時以外は対象外になる

出産で入院するときに、公共交通機関では移動困難になり

タクシーを利用した代金は対象になります。

 

つわりがひどくてタクシーを利用したなどの理由は対象外です。

医療費控除の交通費にタクシーは入る?領収書なしの場合や書き方は?
医療費控除を申告するとき、通院にかかる交通費も含めてよいことになっています。基本的には電車やバスといった公共交通機関が対象です。 ところで、中にはやむを得ない事情でタクシーを利用した場合はどうなるのか気になりますよね。 ここでは、医療費控除におけるタクシー代に焦点を絞って見ていきたいと思います。

 

・里帰り出産の時の交通費は対象外になる

出産間近になって里帰りをするために実家に帰る、その交通費は対象外です。

里帰り先から病院までの検診に伴う公共交通費用は対象となります。

 

交通費は、妊娠が明確になってから控除対象になって、

また出産時以外のタクシー利用は基本対象外と考えるといいですね。

 

 

まとめ

妊娠から出産に掛かる一般的な費用の医療費控除は、

お住まいの地域によっても変わるので

事前に確認することをおすすめします。

 

また、証明書の提出が必要な場合もあるので、

領収書なども保管しておく必要があります。

 

陣痛でタクシーを利用したときなど、

慌ててタクシーから降りることもあるので、

領収書をもらうことを事前に把握しておくといいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました