神社での結婚式のマナーは?流れや服装について知って安心!

結婚式

日本の伝統的な結婚式でもある

神前式」がひそかに人気で

神前結婚式に参列する際には

流れに沿った参列者のマナーを

身に着けておきたいものですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

神社での結婚式の流れ

スポンサーリンク

所作については前もって巫女や神職が

説明を行ってくれるので安心です。

式次第は神社によって異なってきます。

 

入場

神社に奉仕する神職と巫女に導かれ、

新郎新婦、両家の両親、親戚の順で本殿に向かいます。

神前に向かって右に新郎側親族、左に新婦側親族が入場、

新郎新婦、仲人、神職が入場。

 

払言葉

神職が払言葉をのべ、身の汚れを祓い清めてくれます。

払言葉とは神々に対し申し上げる言葉。

神職が神に二人の結婚を報告し、幸せが永遠に続くように祈ります。

 

三々九度の杯

大中小の3つの杯で新郎新婦が交互にお酒をいただき

夫婦の永遠の契りを結びます。

 

指輪の交換

誓詞奏上(せいそううじょう)

ふたりで夫婦になる言葉を読み上げます。

 

玉串拝礼(たまくしはいれい)

ふたりの門出を祝い雅楽のしらべにのせて

巫女が舞を奉納します。

 

両家が親族となる儀式

巫女が親族全員にお神酒を注ぎ、

全員起立して一斉に3回で飲み干します。

神職が式を納めたことを神に報告して一拝します。

 

退場

神職、新郎新婦、仲人、親族の順で退場。

その後、集合写真などを撮ります。

 

ひとつひとつの言葉が難しいですが、

式の内容自体は普通の結婚式とあまり変わらないです

基本的に案内の通りに動けばいいですし、

内容さえ把握していればスムーズに対応できるのではないかと思います。

せっかくの神前式ですからお呼ばれした側も

しっかりと流れを掴んでおきたいですね。

神社での結婚式はどんな服装で参列する?

一般的な結婚式と同じく洋装でいいのですが

せっかくなので着物にトライしてみてください。

このような機会でもないと、

着物を着る機会もなかなかありませんよね。

神前式の雰囲気に合った華やかな着物は喜ばれるでしょう。

 

着物の場合

振袖、もしくは訪問着を着ます。

振袖は未婚の女性の正装、

訪問着は既婚の女性が着ます。

近しい親族なら黒の留袖が第一礼装です。

 

柄や色は派手になりすぎずに

新婦とかぶらないように注意してください。

 

洋装の場合

洋装の場合は露出を控え、

ノースリーブやキャミソールタイプのドレスなら

ボレロやストールは必須です。

友人であってもカジュアルスタイルはご法度なので気をつけましょう。

 

ファーやハラコ素材などを使ったアイテム

殺生をイメージさせるため避けましょう。

 

素足も厳禁です。

必ずストッキングを履きましょう。

 

神前式なら着物が無難

着物なら露出の心配も素足の心配もないですし、

なにより神前式の雰囲気にはピッタリですよね。

 

もし成人式の振袖がある人はぜひ振袖で行ってみましょう。

 

洋装の場合は特に露出や素足などに注意して

相手に失礼のないように心がけましょう。

 

まとめ

神前式の流れや、参列者の服装のマナーなど

いろいろと普通の結婚式とは違って大変ですね。

 

普段、着物も着る機会がないので

こういった時に着られるのはいいことですね。

せっかく買った成人式の振袖なども

着る機会がなくて困っていたりしますよね。

なかなか着物を着て出かけることはないので

神前式に招待される事があったらぜひ着てみてください。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました