陣痛の始まりはどんな痛み?場所や長さなどを徹底解説

出産

陣痛の痛みと言っても痛みの感じ方は人それぞれですよね。

痛みに強い人もいれば、弱い人もいます。

陣痛の痛みっていったいどのような痛みなのでしょう。

色々な人の痛みについてお話します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

陣痛の痛みの場所はどのあたり?

スポンサーリンク

陣痛と言っても人によって痛みや痛む場所は違います。

同じお産がないように、

陣痛の痛みも人それぞれです。

 

よく耳にするのは生理痛のような痛みですね。

最初は下腹部や腰がズーンと鈍い痛みがします。

お腹が痛いという人もいれば、

腰が痛いという人もいます。

 

私は生理痛も酷かったので生理の時と同じように

下腹部に重い痛みを感じました。

 

友達や育児書などをたくさん読んでいたので

「これかな?」と何となく陣痛の痛みは把握できました。

 

だんだん陣痛が強くなってくれば

腰はバキバキと骨が動くような痛みの感覚になってくるし、

下腹部も普段とは比べられないくらいの痛みになってくるので

さすがに本陣痛が来たことはわかります。

 

私も痛さのあまり主人に思いっきり

腰をペットボトルで押してもらいました。

 

今までにも生理痛で耐えがたい痛さはあったものの

比べ物にならない痛さでした。

生理痛が普段ない人はイマイチピンと来ないかもしれませんね。

お腹を壊してしまった時の痛む場所より少し下になります。

 

まさに子宮が痛むって言葉がしっくりきます

他にもお腹全体が痛む人もいるようです。

 

最初の微弱陣痛では気が付かなくても本陣痛になったら、

嫌でも激しく痛くなるのでわかると思います。

 

陣痛の間隔は把握しておくことがとても重要です!

陣痛の間隔の正しい測り方!始まりの間隔と経産婦さんの注意ポイント
臨月になると、いつきてもおかしくない陣痛。 陣痛の正しい測り方はご存知ですか。 経産婦の方も意外と知らなかったなんてことも。 正しい陣痛の測り方をご紹介します。 陣痛の始まりの頃の間隔は?測り方を知ろう ...

陣痛の痛みの長さはどのくらい?

産科や母親学級ではだいたい1分から2分と言われています。

私は始めのころはもっと長く感じました。

 

鈍い痛みがしばらくしていました。

痛いと感じてから痛みが引くまでなので

1.2分は痛みが続くと思ってください。

 

陣痛の始まりは何となくだったり比較的に弱い痛みなので

1.2.分よりもじんわりと痛みを長く感じます。

痛みから次の痛みの間隔も狭くなってくると

痛みも増してきます。

痛みが強くなってくると1.2分と言い切れるようになってきます。

 

ただものすごく痛いので1分がものすごく長く感じます

私はひたすら時計とにらめっこしながら陣痛に耐えました。

いつもならあっという間の1分がとても長く感じました。

 

しかし弱い痛みでも10分、20分も

痛みが続くわけではないので安心してください。

もしなん十分も痛みが続く場合は

すぐに助産師さんや看護師さんに連絡をしてください

 

ひたすら時計とにらめっこして、

痛みが引くとホットして

飲み物を飲むくらいの余裕は出てきます。

 

痛みが引いているのも1・2分なので

ゆっくりとは休んではいられませんが

その間にウトウトしたりしていました。

 

まとめ

陣痛の痛みは何回、経験してもとにかく痛い。

こんな風に言ってしまうとこれから出産する方が

怖くて嫌になってしまいますよね。

 

でもでも、ものすごい痛みに耐えて赤ちゃんが出て来てくれた瞬間は

嬉しさと感動と言葉にはできないくらいの感情で

痛かったことなんて吹っ飛んでしまいますよ

 

本当に出産は痛みがつきものですが、

産まれてきた赤ちゃんを見た瞬間に

そんなことはどうでもよくなってしまいます。

頑張ってくださいね!!

スポンサーリンク
出産
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yuyuをフォローする
スポンサーリンク
happy days!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました