扇風機の赤ちゃん対策!風の当て方やいたずら防止はこうしよう!

赤ちゃん

扇風機の風で涼しくして、

赤ちゃんが快適に過ごせるようにしようと思うママは多いですね。

私の子供も赤ちゃんの時に扇風機を使っていました。

 

でも、赤ちゃんに扇風機を使う時は、

「これは大丈夫?」と心配になることが沢山あります!

また、羽根の対策など「危なくない?」と心配する面もありますよね。

 

赤ちゃんと一緒に、扇風機を安全に快適に使う方法をお話します。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

赤ちゃんに扇風機を当てるときの注意点

スポンサーリンク

赤ちゃんは寒い時に自分で布団を掛けたりできないし、眠りが深い!

もし間違って扇風機の風がずっと当たっていたら体が冷えてしまう!

 

なんていう事がないように。

自然の風で優しく、快適に扇風機を使うためにポイントを抑えましょう。

 

扇風機の風量・風向きの工夫

体温調節が上手に出来ない赤ちゃんは、

月例が小さいほど特に注意する必要がありますね。

 

扇風機の風を直接当てないことはもちろんですが、風量も微風に設定します。

 

扇風機の風を強風で一定の場所を当てると

部屋全体が涼しくなるのでは!?と感じますが、

 

実は、適度な風量で、首振りモードにした方が

部屋の空気を循環させるから涼しくなるのです!

 

また、弱い風でも赤ちゃんの顔に直接風を当てないようにしましょう!!

赤ちゃんの口と鼻はとても小さいですね。

呼吸する力も大人が思うより小さいのです!なので、

風が顔に当たってしまうと呼吸が苦しくなることもあります。

十分注意しましょう。

 

 

長い時間目を離さない

首振りモードに設定したら、扇風機の羽の部分をやや上向き微調整します。

こうするとで赤ちゃんに直接風が当たらないのと

部屋全体の空気を快適に循環させます。

 

扇風機の設定を快適にして、

赤ちゃんが気持ちよく寝てもママはちょこちょこ赤ちゃんの様子を見に行きましょう

 

汗をかいてそれが冷えるときは体温が奪われます

なので、冷えすぎていないかなど

赤ちゃんの顔、体全体を見てあげてくださいね。

 

 

赤ちゃんが扇風機にイタズラしないための対策方法・ポイント

赤ちゃんに扇風機を使う時は、赤ちゃんがイタズラする事も悩みの種です!!

危ないと言ってもわからない所があるので、

危険防止の対策をしっかりしなくてはいけないですね。

 

赤ちゃんのイタズラで一番多いのは、扇風機に指を入れる事です!

他にもコンセントなど触ってほしくないものが沢山!

そのイタズラ防止対策・グッズを紹介します。

 

壁掛けタイプの扇風機

私の友人が使っているのですが、扇風機にカバーをしても

何度も触ってカバーを取ってしまったり、

扇風機を倒すようになったので壁掛けタイプを購入したようです!

 

どこでも移動はできませんが、スイッチなども触る心配もなくて安全に使えます。

価格は7,000円位~あります。

 

裏面も覆うカバー

今ある扇風機を安全に使いたい!定番の対策グッズはやはり扇風機カバーです。

でも、しっかり機能するカバーでなければ安全に使えませんね。

 

カバーを選ぶときは、網目が細かく扇風機の裏面までしっかりカバーできて、

子供が簡単に取り外せないものを選びましょう。

 

コンセントガード・コンセントケース

扇風機のコンセントに限らず、他の電気製品のコンセントなど

赤ちゃんでも簡単に外すことができます!

 

感電の危険から守るためにも、コンセントの差し込み口を覆うガードと、

長いコードをまとめてスッキリ収納できるコンセントケース

を使えばイタズラ防止になります。

 

まとめ

部屋を涼しく快適にしてくれる扇風機も、

赤ちゃんには特に危ない物でもあります!

 

先回りをして、安全に使えるように対策する事が大切ですね。

スポンサーリンク
赤ちゃん
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yuyuをフォローする
スポンサーリンク
happy days!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました