出産祝いのメッセージを送ろう!のしのマナーや渡すときの一言で好印象に!

マナー

知人や親せきに赤ちゃんが産まれたら出産祝い

送ってあげたいですよね。

その際にお祝いのメッセージやお祝いの品物に付けるのし。

せっかくのお祝いの気持ちを上手に伝えたいですよね。

お祝いを贈るときのマナーについいてお話します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

出産祝いののしはどれが正しい?

スポンサーリンク

出産祝いを贈るときに欠かせないのしについて

正しい使い分けがわからず困っていませんか?

 

のしは色紙を細長い六角形に追った飾りのもの。

お祝いのみに使用されます。

 

水引の種類

祝儀の際に用いられる飾りの紐、水引は

出産祝いには蝶結びを使用してください。

 

蝶結びはほどけて何度でも結べるということから

何度あってもいいお祝い事に使われます。

 

文字の書き方

お祝いの名前は

「四文字」を避けた「ご出産祝い」や

お祝い事全般に使われる「お祝い」が広く受け入れられます。

 

最近は四文字を気にしない人も増えたため

御出産祝」「お誕生祝

などもよく使われています。

 

送り主の名前はスッキリと見せるために苗字のみを書くのが一般的です。

家族など同じ苗字が多い場合にはフルネームで書くとより丁寧です

 

筆または筆ペンを使って書きます。

墨の色は濃く鮮やかに。

 

のしのかけ方

のしのかけ方には内のし、外のしがあります。

 

郵送などの場合は内のし(外側から内のし→包装紙→のし→品物)

内のしは表書きが包装紙で隠されているため

控えめな表現をしたい時に使われます

 

手渡しの場合は外のし(外側からのし→包装紙→品物)

外のしは渡す時に表面がはっきり見えるため

どのような目的で誰からの贈り物なのかが相手に一目でわかります。

 

のし紙のの包み方(内のし、外のし)や表書き、名前の書き方について

悩んだ場合にはお店の人に相談するのがいいですね。

 

出産祝いを渡す時の一言は気を使わないメッセージを添えて♪

出産祝いのメッセージを書くときのマナーは基本的にはありません

 

メッセージを書くときに意識したいポイントは

・お祝いの気持ちを伝える、

・「親しき中にも礼儀あり」で丁寧に相手の体調や家庭を気遣う

思いやりとお祝いをしっかり伝えられるメッセージにしましょう。

 

また、メッセージを書くときに気をつけたい最低限のマナーは

きつい冗談はやめる、相手の負担を考えて長文は避ける

 

このポイントを押さえて気持ち良く

お祝いの気持ちを伝えたいですね。

基本的に出産祝いを贈るタイミングは生後7日から1か月とされています。

 

避けた方がいい言葉

メッセージを書くにあたり避けたい「忌み語」をご紹介します。

 

流れる、消える、薄い、終わる、苦しいなど

苦労や苦しみを連想させる言葉の使用は避けましょう

 

たった一言で出産後のデリケートな時には落ち込んだり、

気にしてしまったりするので気をつけましょう。

 

これらに気をつけてあなたなりの素敵なメッセージを添えてみてください。

 

実際に贈り物をした体験談

友人やママ友が出産した時のお祝いですが、

出産祝いに赤ちゃんの物はたくさん頂く機会が多いと思ったので

ママさんが喜ぶものを出産祝いに選んで「お疲れ様」と持って行きました。

 

案外、赤ちゃんのお祝いだけで

頑張って産んだママさんには何もなかったりするので

ママさん向けのお祝いも用意していくと喜ばれますよ。

 

私も出産した時にお祝いで甘いものを「お疲れ様でした」と頂いた時には

とても嬉しかったのを覚えています。

悩んだ時の参考にしてみてくださいね!

まとめ

出産祝いののしはお祝い用ののしがありますが、

メッセージには基本的な決まりがないので、

失礼に当たらないように注意したいですね

 

私が頂いたものと言えば現金が多かったので

のしはあまり見ませんでした。

お祝いを品物でくださった方は「御出産祝」に苗字で頂きました。

 

お祝いのメッセージで印象に残っているのは友人から

「すくすくと、すこやかに」と筆で書かれた短いメッセージでした。

短い文章ですが筆で書かれていたのでなんだか胸に響きました。

 

小さいことですが、意外と印象に残る出産祝い。

気持ちのこもった贈り物をしてあげてくださいね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました