扶養から外れるタイミングは?家族の年収で確認して手続きをしっかりしよう!

節約

旦那さんがお勤めで、奥様がパートで働いていたら、

パートの収入が上がってくると扶養から外れないといけないのか?

心配になってきますね。

 

または、収入が増えてもっと働いて扶養から抜けようか!

と検討している場合もあります。

 

そこで今回は、平成30年度からの改正点を踏まえて、

扶養から外れた時に少しでも損をしないようにするには

どうすればいいのか!についてです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

扶養から外れる条件は家族の年収にある!

スポンサーリンク

扶養から外れる場合、

自動的には行われないので

自分で手続きをするタイミングが重要になります。

 

扶養の決定と申請のタイミング

扶養には3つの種類があり、それぞれ申請のタイミングが異なります。

税金(所得税・住民税)

扶養になるかどうかは、

その年の12月31日の状況で1年間の所得金額が確定してから

判定を行うことになります。

 

なので、扶養から外れるタイミングは年末となりますが、

年の途中でも扶養から外れる見込みになった時点

夫の勤務先に伝えて扶養家族の人数を変更しましょう。

 

社会保険

年の途中であっても、

年間の収入の見込み額が扶養の範囲を超えることが分かった日

から扶養が外れます。

 

届け出期間は、収入が増えた時点から5日以内

(土日祝日の場合は翌日)です。

 

勤務先の扶養手当

勤務先の扶養手当を受け取っている場合、妻に収入が増えるなど、

就業規則で定められている扶養の条件から外れそうになる事が分かった時点で、

会社の人事担当者に速やかに届け出ましょう。

 

扶養を抜ける目安

では、これらの扶養は、

年収がどのくらい(超える)になると所得税が掛かったり、

社会保険の加入義務が発生するのか、

配偶者控除を受けられなくなるのでしょうか。

 

配偶者控除

配偶者の年収が一定水準未満であれば所得税は免除されます。

控除には基礎控除が38万円給与控除が65万円設けられていて、

所得税の課税は、収入から基礎控除と給与控除を差し引いた金額に対して課せられます。

38万円(基礎控除)+65万円(給与控除)=103万円

 

103万円を超えない範囲であれば所得税は掛からないということです。

 

夫の年収が1220万円以下で、

配偶者控除38万円をすべて受け取れることのできる妻の年収は

103万円から150万円で、

150万円を超えた後も段階的に控除が削減されます。

(詳しくは、財務省のホームページに載せてあります)

 

夫の年収が1220万円を超えるような高所得世帯では、

妻は控除が一切受けられなくなったので要注意です!

 

妻の社会保険の支払

年収が130万円を超えると、妻は夫の社会保険の扶養から外れます。

外れると妻は自分で社会保険に加入して、

保険料を負担しなければなりません。

この負担はかなり大きいです!

社会保険率は地域によって多少の違いはありますが、概ね14%です。

 

妻の年収がギリギリ130万円になった場合・・・130万円×14%≒18万円

18万円が年間掛かってくることになります。

 

わたしは、ギリギリ130万円になるよりは

130万円にならないように(130万円未満の収入)働くことを選択します。

 

◎これは、「106万円の壁」の条件を満たさない、

月収10万8334円以上(年収130万円以上の見込み)

月収に残業手当、通勤手当、賞与を含む条件です。

 

では、年収がどのくらいで働くことがBestでしょうか?

 

*年収103万円以下

妻の年収が103万円以下の場合には所得税がかかりません!

 

ただし、夫の勤めている企業によっては、

配偶者手当の給付条件に妻の年収が関わってくることも多いので確認が必要です。

 

*年収130万円から150万円

妻の年収が130万円を超えると税金+社会保険料の両方を自分で支払うことになります。

そうすると、税金と社会保険料支払いの後の所得が130万円を下回る!!場合があります。

 

(例)年収140万円

社会保険は約20万円、

所得税、住民税合わせて3万円程度

 

140万円-(20万円+3万円)=117万円

 

140万円働いても、世帯全体としては税引き前の120万円程度働いた時と変わらないのです!!

なんだか年収140万円になると損!?してしまう感じになりますね。

 

*年収150万円から

今回の改定から、年収150万円を超えた後でも段階的に控除が受けられる

などの変更が加えられたので、

150万円を大きく超える様なら世帯収入アップは見込めます。

 

でも、社会保険の自己負担をする前の130万円の年収分を再び超えるためには、

年収が約160万円を超えなければなりません

 

扶養家族から外れるときに必要な手続き

ここでは、夫の扶養から外れて、

妻の勤務先で社会保険に加入する場合の手続き方法をご紹介します。

 

  1. 勤務先で健康保険加入の手続きをする
  2. 勤務先で健康保険証を受け取る(数日から1週間程度かかります)
  3. 任意継続被保険者被扶養者(異動)届を記入する
  4. 今まで使用していた健康保険証(被扶養者用)と任意継続被保険者被扶養者(異動)届を、被保険者(夫)の会社に提出する

 

これで完了です。

手続きは会社と健康保険組合との間で行われます。

 

必要手続きの書類一覧、記入例などが見れるサイトがあるのでご紹介しますね。

http://www.suntorykenpo.or.jp/application/deviate.html

 

まとめ

共働きで家計を支えているご家庭はとても増えています

 

家事や育児を分担して旦那様も協力してくれますが、

働きながら家事をする女性はとても頑張っていて

その姿は凛々しいです。

 

頑張って得た収入なので、

控除扶養範囲などをしっかり調べて大切に管理したいですね。

スポンサーリンク
節約
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yuyuをフォローする
スポンサーリンク
happy days!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました