トイレトレーニングはいつから始める?やり方のコツや失敗した時の対処法

赤ちゃん

2歳くらいを過ぎると

そろそろ保育園や幼稚園に通わせることを考え始めますね。

 

保育園などに行く前にはいろいろ準備があって、

その準備の一つにトイレトレーニングがあります。

 

このトレーニングはなかなか根気がいるもので、

わたしも初めての子どものときはかなり手こずったことを覚えています!

でも、二人目はどんとこい!という気持ちで取組んだためか!?

スムーズに出来ました。

 

そんなエピソードや先輩ママたちのアドバイスを含めて、

トイレトレーニングのコツをお話します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

トイレトレーニングの上手なやり方・ちょっとしたコツある!

スポンサーリンク

トイレトレーニングを始める時期はいつ?と悩みますが、

お子さまのトレーニング開始のタイミングは

次の3つのシグナルがあるのでそこから見ていきましょう!

トイトレ開始の目安

  1. 1人で歩ける

1人で歩けるようになったという事は、

大脳皮質が発達していろいろな事が分かってきた時期です。

(おしっこの機能も整ってくる時期です)

また、足腰もしっかりしてきたので、おまるなどにもまたがりやすくなります。

 

  1. おしっこの間隔があくようになった

おむつ替えの時に、2時間くらい空くようになると膀胱が大きくなって、

ある程度おしっこが溜められるようになってきたということです。

 

  1. 相手の言うことが少し理解できるようになってきた

おしゃべりが出来るようになってきたのではなく、

ママが言う「まって」「すわる」など

簡単な言葉や動作が理解できてきたことです。

 

タイミングはこの3つになりますが、

ママも心の準備・焦らず取り組める時がいいので、

できれば心にゆとりのある時期がいいですね。

 

お子さまとママが気持ち良くスタートできるように、

それとスムーズにトレーニングが進められるように前準備が必要です!

 

準備

  • 家の環境を整える

お子さまがリラックスしておしっこをするためには、

安心して座ったりまたがったり、

体が安定する姿勢が保てることです。

そのためには、おまる・補助便座・踏み台など

お子さまの年齢や体の大きさに合わせたグッズが必要になります

また、家族構成やお家の構造なども考えて、ご家庭に合うものを選ぶといいですね。

 

  • おしっこ・うんちのイメージを作る

子どもは兄弟や大人のまねをすることが大好きですね。

わたしはまず、絵本とDVDをみせてトイレトレーニングのイメージを作りました。

それから、3歳上の子がトイレに行くときに一緒におまるを隣に用意して、

「こんなふうにするんだよ」といってまねをさせました。

失敗もたくさんしたけど、このおかげでトイレに行くことは楽しくなったようです。

 

  • 衣服・下着の準備

最初は特におしっこがしたいと思ってすぐに出てしまうことがあります。

それがストレスにならないように、パンツやズボンなど着脱しやすいものを準備します。

失敗もたくさんあるので、替えの下着を多めに用意すると安心ですね。

 

トイレトレーニングの流れ

  • おまるに慣れさせる

おまるを嫌がらないようにまたがるところから始めます。

補助便座でもいいのですが、足が付かないなど不安定で嫌がるお子さまもいるので、

初めはおまるをおすすめします。

 

  • 子どもが行きやすい場所におまるを置く

わたしはトイレの近くに置きましたが、

リビングなど子どもが良く遊ぶ場所に置いて、

いつでも好きなときに行けるようにしているママもいます。

 

  • 1日1回おまるに座らせる

嫌がるときは無理にしないで、

機嫌の良い時に座ることから慣らしていきます。

誘う回数が多いと子どもは嫌がるようになります

 

  • ズボンパンツを脱がせておまるに座らせる

トイレに行くときは、服は脱ぐのだと教えるためです。

 

  • おしっこ・うんちのタイミングを知る

トレーニングをしていくと、子供の排泄の様子が何となく分かってきます。

例えば、プルプルとなったり、カーテンに隠れたり、

顔が赤くなって固まったり、股をおさえたり

こんな様子が見られたらその最中は動かすのは無理なので、

ある程度もよおす時間が分かってきたら、

そのまえにおまるに座らせてみましょう!

 

トイレトレーニングが失敗したらどうする?

トイレトレーニングは必ずと言っていいほどスムーズにいきません。

失敗を何回も繰り返して、

「あら!できた!」となります。

 

そんな時ママも疲れていたり余裕がないとイライラして、

叱ってはダメとわかっているけど、

何度も失敗したらつい大声を出してしまう。

ということは殆どのママが経験しています。

 

ママの気持ちもよく分かるのですが、

怒ると萎縮してしまいます

子どもはどうして怒られているのかがわからないから、

トイレそのものが嫌になって怖くなるようです。

 

わたしがしていた事は、

怒る前に123・・・と数を数えて

まず心を落ち着かせていました

そしてちょっとでもできた事「ちっち」と出ないけど

教えてくれただけでもすごーく褒めてあげました。

 

何かの本に書いてあったのですが、

否定的な言葉をかけるより肯定的な言葉をかける方が

聞いている側は自律神経が整うとのことでした。

 

トイトレの工夫やママの心構えはこちらでもご紹介しています!

トイレトレーニングのやり方は?シールを使って子どもと楽しくすすめよう!
トイレトレーニングがなかなかスムーズにいかない!! 失敗が続いたらつい怒ってしまう・・・ 子どもはもちろんママもポジティブに楽しんでできる方法があると助かりますね。 そこで、多くのママが取り入れているのは【シール】...

まとめ

これがトイレトレーニングの正解というのは

とても難しいことです。

 

上の子は自宅では失敗ばかりでしたが、

幼稚園に行って皆とトイレに行ったらすぐに出来るようになって、

二番目の子はお友達の家に行って、

お友達がトイレに行っているのを見た日から出来るようになりました!

 

それまでのトレーニングがあったからなのですが、

出来るきっかけはあっけないものです。

でも、いつかはできるようになるものです!大丈夫!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました