お風呂掃除用の道具の収納方法!ブラシやスポンジを長持ちさせよう!

掃除

毎日のお風呂掃除に欠かせない掃除道具!

いろいろな掃除グッズがありますが、

これがいいよ~と聞くと、つい買ってしまって

いつのまにか道具が増えています・・・

 

このお風呂掃除道具!収納に悩むことはありませんか?

 

そこで今回は、お風呂掃除用のブラシやスポンジの選び方・収納方法についてお話します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お風呂掃除のブラシの扱い方

スポンサーリンク

わたしは、今までお風呂掃除のスポンジは

2種類を使い分けて掃除していましたが、

場所に合わせてブラシやスポンジを使い分けると

汚れが落としやすくなりました

 

そして無駄に洗剤を使わなくていいのでエコにもなります!

そこで、お風呂掃除が楽になるブラシ・スポンジ選びと扱い方をご紹介します。

 

お風呂掃除用ブラシの選び方

  • ブラシの毛束が多いもの

ブラシの毛の長さがある程度長くて、

毛束が密集していると凹凸のある部分や細かい所までブラシが届いて

汚れが取りやすくなります。

 

  • 水切れのいいもの

ブラシをお風呂で収納する場合が多いので、

ブラシ自体が水分をたくさん含んでいたら

雑菌が付いたりカビが生える原因になります。

水切れがいいものを選んで清潔に保ちましょう。

 

いやーな黒カビを防ぐお掃除方法も大切です!

お風呂の黒カビにお困りの方必見!カビをきれいに除去する簡単な方法とは?
一日の疲れを癒すお風呂場で、カビを発見したら とても残念な気持ちになりますね。 何とかしてあの黒いのを取りたい! でも臭いが強いカビ取り剤は使いたくない。 臭いが気にならなくて、自然にも優しい でもカビを取り除いてくれるも...

 

  • 保管しやすいもの

脱衣所やお風呂場に立てかけたり吊り下げやすいように、

取っ手が付いたものや紐が付けられるものを選ぶと便利です。

 

おすすめのブラシ・スポンジ(扱い方)

まるごとお風呂フタブラシ

商品名にあるように、お風呂のふたにピッタリのブラシです!

ブラシに長い部分と短い部分があるから

凸凹になっているふたの溝にもブラシが入り込んで

汚れをかき出してくれます

(水切れがいいのでよく振ってしっかり水分を取り除きます)

 

ユニットバスボンくんお風呂ラクラククリーナー

プロもおすすめ!という口コミで購入しましたが、

とても使い勝手が良くて長く愛用しています。

細かい網目状のフサフサ繊維が180度付いている形状で、

浴槽から壁、蛇口の周りまでいろいろな所に使えます

(毛先が長いので毛束を3回くらいに分けて絞り水分を取って、フックに引っ掛けて収納します)

 

アイワタイルブラシ

お風呂の床と排水溝の掃除に使っています。

大小のブラシがひとつになったもので、

そのままでも2つを分解して、

小さいブラシで隙間掃除をすることもできる握って使うブラシです

(ブラシに付いた洗剤をよく洗い流して、よく振って水分を取り、立てて収納します)

 

激落ちくんメラミンスポンジ

お風呂の鏡や蛇口・シャワーヘッド・洗面器・椅子など細かい所まで

いろんな場所の汚れ落としができます

(よく絞って通気性の良い所に置いて乾燥させます)

 

掃除の頻度や洗剤との併用でスッキリ保ちましょう!

お風呂掃除の頻度はどのくらい?おすすめの洗剤や道具でピンクカビにさよなら!
一日の疲れを癒してくれるお風呂に汚れ それもカビらしきものを発見すると 癒されるどころかどっと疲れを感じますね。 水回りはカビが発生しやすい所です お風呂場はカビの大好きな場所 きちんとお掃除しているつもりでも、いつのまにかカ...

お風呂掃除に使うスポンジはこうして簡単収納!

スポンジをお風呂場に収納するご家庭は多いのではないでしょうか?

湿度の多いお風呂場ですが、

なるべくカビなどが付かないように収納します。

 

・ハンキング収納

穴のあるスポンジを使います。

浴室に備え付けられているポールに、

スポンジの穴の部分を入れて干した状態で収納します。

 

こうすると壁などにつかないので

早く乾燥してカビが生えにくくなります。

ポールがない場合は、フック(できれば抗菌加工のもの)を使い

スポンジを引っ掛けて収納します。

 

・脱衣所に収納する

浴室に置きたくない場合は、

スポンジの水分をよく切ってプラスチックのカゴに入れて収納します。

 

浴室に置いておくとなかなか乾かないので、

掃除のたびに持ち込む方式のほうが清潔に保ちやすいです!

 

まとめ

お風呂掃除道具は湿度の高い所に収納することが多いので、

なるべく早く水分を切って乾燥させることがポイントです!

吊り下げたり通気性のいいバスケットに入れるといいですね。

 

そして最後に、ブラシ部分やスポンジに

アルコールスプレーを振っておくと雑菌が付きにくくなりますよ。

スポンサーリンク
掃除
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yuyuをフォローする
スポンサーリンク
happy days!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました