スーツケースのチャックは防犯必須!ファスナーに盗難防止をしっかりしよう

レビュー

海外旅行に行く際には、スーツケースの形状が気になりますね。

 

実際に荷物を預けてターンテーブルから出てきたときに車輪が壊れていた!

なんて聞くと防犯意識はしっかり持って対策しなければと感じます!!

 

海外で窃盗にあった話では、手口がいろいろ巧妙だったり、

持ち主のちょっとした油断から取られてしまった事など様々です。

 

そこで今回は、大切な荷物を守るためにスーツケースの防犯対策についてお話します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

スーツケースのチャックはボールペンを使うと開けられる?

スポンサーリンク

<ボールペンを差し込まれて開けられた>

チャック部分がダイヤル錠でロックされているタイプ

(チャックに2つのつまみでスライダーになっている)

 

このタイプは、実はボールペンひとつあれば簡単にあけられてしまいます。

 

チャックの隙間にボールペンを差し込んでしまえば、

隙間を緩めてしまえるので、簡単にあいてしまいます。

 

つまみをダイヤル錠で止めていたとしても、

隙間を広げられてしまうとひとたまりもないのです。

 

<スーツケースのチャック部分を開けられ、南京錠のひっかける部分を壊された>

ホテルの部屋でスーツケースを開けようとしたら、

南京錠を掛ける輪っかの一部が壊れていることに気づき、

チャック部分のかみ合わせも変形して開けられなくなっていた!

 

この場合、バゲッジクレームに出しますが、

クレームは通常空港に到着したときに申し出なければならないので、

ツアーガイドさんに連絡して航空会社に取り合ってもらい、

難しい交渉があり何とか修理をしてもらって事なき得た。ということです。

 

不幸中ので幸い荷物は着替えなどで

貴重品は入れてなかったため被害は少なかったのですが、

このようにチャックタイプは簡単に開けられる可能性があります。

 

ロックの弱さが問題

このような場合の問題は、

空港で荷物を受け取った時にしっかり確認しなかったこと、

ロックが一つだけだったことが挙げられます。

 

そこで荷物は防犯機能付きスーツケースにするという方法があります。

 

スーツケースのファスナータイプには盗難防止機能がついたものを!

スーツケースにロックをしていても、

窃盗のプロは簡単に鍵を開けてしまうと言われます。

では、どんなふうに防犯対策をすればいいのでしょうか?

 

大切な荷物を守るために自分で出来ることの一つは、

スーツケースの防犯機能が二重になっているもの選ぶ事です。

 

6720トラベルブザー

特徴の防犯ブザーの機能は、スーツケースから約10cm以上離れると、

スーツケーススマホの両方からブザーを鳴らして知らせます。

(Bluetooth対応のスマートフォンが必要になります)

 

ただ鍵をつけているだけではないので、被害に遭う前に気づくことができます。

 

ロックを二重にする

スーツケースに搭載されている鍵だけにしないで、

南京錠ダイヤルキー付保護ベルトを使うなど2重ロックは必須。

 

犯人の心理としては、鍵が増えればそれだけ時間がかかるのでリスクが大きい荷物、

ということになります。

少しでも鍵を開けられる手間を作ることです。

まとめ

大切な荷物を守るためにスーツケースの防犯性を高めることも重要ですが、

荷物を預けて返ってきた時に異常はないか直ぐ確認することや荷物から目を離さない

また、スーツケースに貴重品を入れない事もとても大切になります!

 

自分にできる防犯対策をして、海外旅行を楽しみましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました