揚げ物の油は再利用しよう!保存方法や保存期間を知って上手にキープでエコにも♪

ご飯

揚げ物をした後の油の処理はちょっと大変!

それで揚げ物をあまりしないという人もたくさんいますね。

そして使った後に捨てるのも罪悪感があって・・・

 

その油捨てる前に!上手に保存するとまた料理に使えたり、

再利用するとエコにもつながります!

 

そこで今回は、揚げ油の保存方法と再利用の仕方についてお話します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

揚げ物の油、正しい保存方法は?

スポンサーリンク

揚げ物の油はきちんと処理をして保存するすると2~3回は繰り返して使えます。

でも、酸化が進んでしまったり、

調理した食材によっては油が劣化しているので処分したほうがいいですね。

 

では、揚げ油を再利用するための大切なポイントは次の手順になります。

 

  • 揚げ物が終わったらすぐに天かすなどを取り除く

天かすなど揚げカスが油に残っていると、油の傷む原因になります。

なるべく油が冷めないうちに、火傷をしないよう気をつけて取り除きましょう。

 

  • 揚げ油をオイルポットに入れる

油がある程度(人肌くらい)冷めたら、こし器が付いているオイルポットに入れます。

油が冷めてしまったら粘りが出てこしにくくなるので、完全に冷めないうちに処理します。

こし器がない場合は、ザルにキッチンペーパーを置いてこすと、小さい揚げカスを取り除けます。

でも油をこしたざるは、油でべた付いて洗ってもなかなか取れないので、

油をこす専用のザルを用意する事をおすすめします。

 

  • 保存は冷暗所

こした油は完全に冷めてからオイルポットなどに入れて、冷暗所で保存します。

オイルポットがない場合は、ふたの付いた密閉できる容器に入れます。

ふたをすることで虫なども入らないし、油の酸化を防ぎます。

保存した油は、次の揚げ物にも使えますが、

我が家では炒め物ドレッシングなどによく使っています。

香味油を使ったように、調理した食材に香ばしい風味が付いて美味しくなります!

でも、一度使った油は日にちが経つにつれ酸化が進んでしまうので、早めに使い切りましょう。

 

揚げ油を使ったドレッシングレシピ

・揚げ油・・・・・大さじ2

・米酢 ・・・・・小さじ2

・しょう油・・・・大さじ2

・鶏ガラスープ素・小さじ1/4

・白ゴマ    お好みで

 

*作り方*

油とゴマ以外をよく混ぜ合わせて、次に油を入れて混ぜ合わせてゴマを入れたら完成です。

サラダでもパスタに合わせても美味しいです。

 

揚げ油の保存期間は?何回まで再利用できる?

揚げ油の保存状態がいいと2~3回使えるとお話ししましたが、

油が傷む(劣化)と、使えなくなった状態が見た目で分かるようになります。

次の様な状態が一つでも当てはまると、もうお役目は終わりなので廃棄しましょう!

 

  • 油の色が濃く茶色になっている

何度か使用した油は酸化が進んで色が濃くなります。

 

  • 180℃の温度で煙が出る

新しい油は230℃くらい熱しても煙は出ないので、

180℃くらいで煙が出るのは古くなっています。

 

  • 泡が消えにくくなる

食材を揚げているときに、食材を取り除いても泡がいつまでも残っていたり、

小さい泡で食材が見えない場合は、新しい油に替えましょう。

 

  • 粘りがある

少し油が冷めてきたときに、箸に油がまとわりついてきたら粘りが出ています!廃棄しましょう。

 

  • 嫌なにおいがする

加熱してすぐに、油のくさいニオイがするものは劣化が進んでいます。

 

まとめ

揚げ油は、お料理に使うと風味がよくコクが出ます!

上手に再利用すると料理の腕を上げた!?なんて言われることも!!

 

でも一度使った油は劣化しやすいので、冷暗所に保存して早めに使うことが肝心です!

夏場は冷蔵庫に保管して、炒めものやナムルなどの和え物に使うこともできて便利ですよ!

スポンサーリンク
ご飯
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yuyuをフォローする
スポンサーリンク
happy days!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました