鯉のぼりを上げる 片付ける時期はいつ?正しい洗い方と収納方法とは?

子どもの日

ひな祭りの次の子どもの行事といえば5月5日の端午の節句!
我が家も男の子と女の子がいるので、5月は僕の番だね!と張り切っています。

子どもの日は鯉のぼりを上げますが、いつ頃出して上げるのか悩みませんか?
また、片づける時期も周りのママ友に聞いても答えは様々でした・・・

そこで今回は、鯉のぼりを上げるベストのタイミングと片付け・お手入れ方法などをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

鯉のぼりを上げる時期はいつがベスト?お雛様と一緒に飾らない方がいいって本当?

鯉のぼりは、この日に出す!というハッキリした決まりはないのですが、ご近所で鯉のぼりを見かけるのは4月の上旬位からでしょうか?
これも地域によって様々です。
お彼岸(3月18日~24日頃)を過ぎてからすぐに出す所もあれば、5月に入ってすぐという所もあります。

わたしの周り方に聞いてみると、
・3月21日(春分の日)以降に出す
・4月上旬の大安の日に出す
・4月中旬の大安の日に出す
・5月に入って出すという答えでした。
これもまた様々です。

子どもが楽しみにしているのでなるべく早く出したいけど桜が咲いている3月はお雛様のイメージだし
・・・地域の様子を見てからとなると!
4月の大安吉日から5月の子どもの日までの大安吉日に上げるのがベストです。

我が家は4月7日から13日の間のお天気のいい日に出します!(できれば7か13日)

大安に出すというご家庭が多いのは、何事においても吉!いろいろなお祝い事に吉とされている日。
子どもの日のお祝いも「縁起を担いで大安に出す」という想いがあるようです。

何歳まで飾るの?といった疑問にはこちらをどうぞ!

鯉のぼりは何歳まであげていい?いつ出すのかしまうのか時期はある?
五月の風物詩、鯉のぼり。 男の子がいる家庭では、子どもの日に合わせて飾りたい縁起物のひとつですよね。 我が家でも長男の初節句から毎年欠かさず出していますが ふと気になったのが、 こいのぼりっていくつになるまで飾っていいの?という...

おひなさまと一緒は早い?

3月はお雛様のイメージになりますが、お雛様と鯉のぼりを一緒に飾らない方がいいのでしょうか?
この事も、絶対に一緒に飾ってはいけない!という決まりはありません。
とはいっても一緒に飾っているご家庭はあまり見かけませんね。

お雛様は、ひな祭りが終わったら「早く片付けないとお嫁さんに行き遅れる」なんて言い伝えがありますが
それは、早く片付けないずぼらな(だらしない)人にならないように!と言う思いが込められてるとも言われています。

片付けは節目という意味合いからもなるべく早めに、3月中旬頃までに済ませる方がいいので、4月頃から飾られる鯉のぼりとお雛様は一緒にならない方がいいですね。

鯉のぼりを片付ける時期はいつ?

鯉のぼりはいつ片付ける?
この問いにほとんどの方が「5月5日を過ぎたら早めに」と答えています。

決まりはありませんが、目安としては、ゴールデンウィーク明けから5月の中旬くらいの間で、晴れて空気が乾燥している日がベストです。

片付ける前に、来年も気持ち良く鯉が泳げるようにお手入れをしてから収納します。

鯉のぼりの正しい洗い方と収納方法とは?

ひと月ほど外に出していたものなので、収納する前には必ず汚れを落としましょう。

基本の洗い方は手洗いで

濡れた布巾で優しく拭くか、軽く水ですすぎます。
金彩加工や特殊加工品、防水加工品は特に注意して、洗剤は使わないようにしますが
汚れが目立つところは中性洗剤をほんの少し使って、薄く作った洗剤を布巾に含ませ固く絞り、拭きながら汚れを取ります。
それでも汚れが目立つ場合は、購入した説明書に洗濯可能と書いてあれば水洗いします。

洗濯の仕方

・お風呂の浴槽にぬるま湯を張ります。
・汚れている部分をつけて洗います。
汚れが水だけでとれないときは、おしゃれ着用洗剤を通常より薄くして、優しくもみ洗いします。
金彩加工している部分は、揉み洗い、つけ置き洗いもできません
・洗いが終わって干す段階では、絞らずに、バスタオルなどを使って水分を吸わせて水切りします。
・鯉のぼりを上げて完全に乾燥させます。
乾燥していないとカビの原因になるのでしっかり乾かしてください。

鯉のぼり収納の仕方

・アイロンは使わずに手でしわを伸ばしながら、鯉のぼりの口を上として、上と下を(お腹側と背中側)を内側におり入れます。
頭の部分から尻尾に向かってくるっと巻いてたたみます。
・たたみ終ったら、購入時入っていた箱になおしてもいいですし、新しい大き目の箱に収納してもいいです。
防虫剤は、金彩部分に変色が起こる場合があるので入れません。専用の防虫剤があるときは使えます
・ポールは拭いて汚れを落とし、説明書を見て分解して、新聞紙などで巻いて収納します。

まとめ

子どもが待ち遠しい鯉のぼり!
出す時期は、4月に入った大安の日から子ども日までに、
片付けは、子どもの日が終わってなるべく早く、天気のいい日にキレイにして収納します。
少し手間がかかりますが、これもきっといい思い出になるのでしょうね。

スポンサーリンク
子どもの日
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yuyuをフォローする
スポンサーリンク
happy days!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました