鯉のぼりの色に順番はある?由来は?正しく知ってカッコよく飾ろう♪

子どもの日

5月5日は子どもの日!子どもの日と言えば鯉のぼり!
ベランダやご家庭の庭に鯉のぼりが上がっているのを見かけます。

立派な鯉のぼりを見て、子どもから「一番上にあるのは何?」など聞かれたことはありませんか?
由来を知るとまた違った感覚で鯉のぼりを見たり、飾る時にもお話できますね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

鯉のぼりの色にまつわる由来や意味とは?

鯉のぼりの由来は、二つの由来が合わさったものとされています。
中国の言い伝えからの由来と日本の風習からの由来が合わさったものです。

<中国の言い伝え>

魚が黄河上流にある激流を逆らって天に向かって昇り、登り切った魚は不思議な力が宿り【龍】になったという伝説があります。
その滝に上ることができたのが【鯉】になって、中国から伝わった伝説から日本でも「鯉の滝登り」と言われるようになりました。
中国で龍は皇帝の象徴。子どもが皇帝のように力強く育ってほしいという願いも込められています。

<日本の風習>

日本の江戸時代では、将軍家に後継ぎである男の子が生まれると家紋付の幟を立ててお祝いをしていました。
この風習が次第に一般の武家の間でも伝わっていき、さらに庶民にも伝わり、
その過程で中国の伝説と合わさって、家紋の幟は現在のような【鯉のぼり】と変わっていきました。

*日本の登竜門(とうりゅうもん)そこを通ると必ず出世すると言われる道は、中国の激流の「竜門」から来たと言われています。
鯉のぼりの種類は 真鯉と緋鯉の二種類ですが、初めは真鯉ひとつのみでした。
それは時代と共に種類と意味も変化していったのです。

現在の鯉のぼりは
色は黒・赤・青が基本

*江戸時代*
真鯉のみ(お父さん)の黒で順番はない。
黒は「水」で冬を表し、生物が冬眠することを意味しています。
生命になくてはならない水で、冬にどっしり構えて春に備える家を守る家族の大黒柱のお父さんを意味しています。

*明治時代*
子どもを緋鯉として飾るようになって青が加わり、真鯉→緋鯉の順番になりました。
「木」は春を表し、生物が活動し始める時期、すくすくと子どもが成長していく姿と木をかさねた意味合いがあります。

*昭和時代*
お母さんとして、緋鯉の赤で飾られるようになりました。
順番は真鯉→緋鯉(お母さん)→緋鯉(子ども)になります。
「火」は夏を表して、多くの生命を育む時期です。
火は知恵の象徴とされ、万能の源でもあることでお母さんの姿を現す意味です。

鯉のぼりと吹き流しの正しい順番とは?

順番は

・吹き流し
・真鯉(黒)
・緋鯉(赤)
・緋鯉(青)

が基本です。

緋鯉を増やす場合はその下に
・緑
・オレンジ
が続きます。

上の4つを押さえておけばかっこよくバランスが整います!

鯉のぼりのあげる期間やしまい方なども覚えておくといいですよ^^

鯉のぼりは何歳まであげていい?いつ出すのかしまうのか時期はある?
五月の風物詩、鯉のぼり。 男の子がいる家庭では、子どもの日に合わせて飾りたい縁起物のひとつですよね。 我が家でも長男の初節句から毎年欠かさず出していますが ふと気になったのが、 こいのぼりっていくつになるまで飾っていいの?という...

吹き流しの色の意味・順番

黒(紫)・青(緑)・赤・黄・白の五色

吹き流しの色は、中国の「五行説」という古くから伝わる思想から来ています。
(黒・紫)・・・を吸う
(青・緑)・・・が育つ
(赤) ・・・・勢いを増し、灰になる
(黄) ・・・・養分になり、固まる
(白) ・・・・金属が溶けていく

※五行説とは、人間も自然も社会も「水・木・火・土・金」五つの要素で変化していくという思想です。

順番

一番上

矢車の下、鯉のぼりの一番上につけます。
なのでサイズも一番大きい鯉に合わせるとバランスがいいですよ。

意味

子どもの健康と成長を願った魔除け
鯉のぼりが普及し始めたころは栄養失調などで乳幼児の死亡が多かったため、魔除けの意味が込められ飾られました

まとめ

子どもの日に鯉のぼりを飾って、子供の健やかな成長を願いますが、鯉のぼりが始まったころには子どもがすくすく成長することが難しい時期で、切実な思いで鯉のぼりを上げていました。
少しずつ時代も変わって、神秘的な思想を含め大切な想いをつなげて今の豊かさがあります・・・
鯉のぼりには、希望と感謝の気持ちも込めて飾りたいですね。

スポンサーリンク
子どもの日
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yuyuをフォローする
スポンサーリンク
happy days!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました