潮干狩りの採り方のコツは場所と時間の選び方にあり!

アウトドア

春先~初夏になると家族で潮干狩り行く方は多いですね!
小さいお子様でも楽しめるから人気のレジャーです。

せっかく行くからたくさん採りたい!と思うけどあまり採れなかった・・・という時もあります。
潮干狩りでたくさん貝を採るのには、ちょっとしたコツがいくつかあります。
それは時間帯と場所によっても違いがあるのです!

潮干狩りでしっかり貝を採れる場所とタイミングについてお話します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

潮干狩りのコツは場所選びが肝心!!

潮干狩りに行って貝をたくさん採るには、貝がいる所を見極めて場所を選ぶのがポイントです!

効率よく採るには波打ち際を狙います!

砂を軽く熊手などでかいて柔らかくして、波がきたら、貝(アサリ)が浮いてくるので大きいものを拾います。
これが基本の貝の探し方です。

今、管理されている殆どの潮干狩り場では、満潮の時に沖に船を出して事前にスコップで貝を浅瀬に撒いています!
なので、管理者に取りやすい場所を聞いてみることも一つの手です。

見つけ方と採り方

アサリが給水管(目)を出していた二つの穴を探します。
穴を見つけたら、5~10cm位掘ります。

アサリは集団でいることが多いから穴がたくさんある所が狙い目です。
あまり深い場所にはいないので、ある程度掘っていないときは場所を変えます。

貝があったら熊手を優しく差し込んで、奥から手前に引きます。
砂を大きく、貝を壊さないようにざっくりとかき出します。

アサリの採り方の詳しいコツはこちらです!

アサリを潮干狩りで取るコツと時間のおすすめ!貝の持ち帰りの方法も
潮干狩り素人でも大漁ゲット!?アサリなどの取り方のコツや潮干狩りにベストな時間帯、獲れた貝の上手な持ち帰り方法についてお話します。ただひたすら砂浜を掘るのではなく、貝の取り方のコツを押さえて上手に楽しみましょう。

豆知識

・海藻などが溜まっている所は、プランクトンも集まっているから貝も一緒にいることが多いです。
・何個か採れたら、その近くを小さく移動しながら掘ると採りやすいです。
・砂がすいすい掘れる所は、誰かが掘った後かも知れないので他を探しましょう。
・大人は足の感覚で貝を探すために、サンダルではなく靴下をおすすめします。
・管理された場所では、まず波打ち際を狙って、海岸から徐々に沖に向かいます。

場所選びのコツが分かったら、次に大切なのは採りやすい時間帯を知る事です!

潮干狩りのコツもうひとつは時間を確認すること!!

潮干狩りは干潮の時にといいます。

~干潮とは~
海岸は、潮の満ち引きの関係で、1日に2回海面が低くなります。
海面が最も低くなった状態が干潮です。

実際によく採れる時間帯というと『干潮の時刻の2時間前から干潮まで』です!
この時間が勝負になります!

~潮位~
潮位は、低いほうが潮干狩りが楽しめます。
目安は、日中の潮位が50cm以下になります。

潮位は、潮干狩りカレンダーに日付・時刻と一緒に書かれています

海上保安庁(HP)の「潮干狩りカレンダー」に、干潮のタイミングなどの情報が公開されています。
事前に行く場所の確認をするといいですね。
海上保安庁提供 潮干狩り情報ページ

☆2019年は、潮がよく引く日程と土日が重なっているので当たりの年です♪
そして、GW前が潮回りが良いので、シーズンに入って早めに取りに行くとたくさん採れるチャンス大です!
5月も上旬から中旬は潮周りがいいのですが、GW前半があまり良くなかった分、管理されている所は人が集中しそうです!(穴場を知っている人は大丈夫)
6月以降も土日に潮が引く日が多くなります。

まとめ

潮干狩りを楽しみながら貝をしっかり取るためには、
干潮の時間と貝がいそうな場所を潮干狩りカレンダーなどを使って、事前に調べることがポイントです。

一般的に貝を採るには、干潮時刻の2時間前から干潮までとされています。
夢中になって採っていると、干潮を過ぎてあっという間に海水が迫ってきた!!
とならないように、お子さまと一緒のときは特に気を付けたいですね。

いろいろ前準備をして収穫大を目指しましょう!

スポンサーリンク
アウトドア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yuyuをフォローする
スポンサーリンク
happy days!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました