バレンタインにチョコを贈る理由や歴史、おもしろエピソードをお教えします!

バレンタイン

2月になるとスーパーや雑貨屋さんで、赤いハートのディスプレーが目について
バレンタインデーだ!チョコはいくついる?なんてわたしはすぐに考えます^^

今やバレンタインデーは毎年欠かせない行事のようになっていますが
このバレンタインデーの由来をご存知ですか?

実はバレンタインにせつないお話が隠されていた!?
バレンタインの起源や由来、チョコを贈るようになった理由など面白エピソードを交えてお話します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

バレンタインのチョコを渡す歴史は実はこうだった!

バレンタインデーには、女性が好きな男性にチョコを贈るという習慣は定番になっていますね。
最近は友チョコ!自分ご褒美チョコなどもあって、チョコがたくさん売れる日のようになっていますが
【バレンタイン】の起源にはこんなお話があります。

バレンタインの起源

【バレンタイン】

3世紀ローマ・当時のローマ皇帝は
兵士たちの戦意を削ぐという理由で若者たちの結婚を禁じていました。

そんな中、「ヴァレンティーノ」(キリスト教聖人の名前・バレンタインの語源)が
若者たちを憂いで密かに結婚させていました。

キリスト教徒であったヴァレンティーノは、改宗を命じられても承諾せずに若者の「愛」を守りました。
その結果バレンタインは処刑されてしまい・・・

この日が2月14日聖バレンタインの日(起源)とされています。

こんな悲しい日が後の愛の告白をする日になるなんてと思ってしまいますが
この日が聖バレンタインの日となるのではありません。

バレンタインの由来

起源となったローマ国教は後にキリスト教勢力に負けてしまいます。

この時期ローマでは、未婚の女性の名前を紙に書いて、
それを集めて翌日に未婚の男性がくじのように引き、出てきた女性とお付き合いをするという
今でいう【婚活】のようなことがされていました。

キリスト教下では、この婚活のような風習が風紀を乱すとし、さまざまな聖人を奉る行事と改変して
今から約200年前の2月14日・殉職した聖バレンタインを祭る行事としました。

後に、男女それぞれが、薔薇やメッセージカードを互いに贈るという風習となって
これがバレンタインの由来になりました。

聖バレンタインの日は、処刑の日という悲しい日の出来事から始まっていますが
紐解くと、男女の愛を守った日でもあるように感じます。

スポンサーリンク

では、聖バレンタインの日にチョコが関わってきたのはいつからなんでしょう?
女性から男性に告白という始まりはなに?

バレンタインとチョコにまつわるおもしろ雑学!

うちの子が、バレンタインデーを作ったのは日本のお菓子屋さんでしょう?と尋ねてきたのですが
どこからかバレンタインデーは日本が発祥と聞いたようです。

実は、日本発祥ではなくて
イギリスのチョコレート会社キャドバリー社がギフト用のチョコを製造したのが
バレンタインデーの発祥とされています。

日本では、1936年に神戸モロゾフ洋菓子店がバレンタインチョコの広告を出して
チョコレートの消費が増え広まったとされています。

本格的にバレンタインデーと拡散していったのは1970年頃で、
最初にバレンタインフェアを開催したのは、新宿伊勢丹ということです。

<神戸モロゾフ・当時のバレンタイン広告>
【あなたのバレンタイン(=愛しい人の意)にチョコを贈りましょう】

ここからバレンタインデーに女性から男性にチョコを贈って告白する風習になって、
だんだんと義理チョコ、友チョコ、自分チョコと日本特有のものに変遷します。

友チョコではラッピングも重要ですね♪

バレンタイン手作りチョコのラッピングアイデア!おしゃれテクと袋アレンジ♪
バレンタインデーが近づくと手作りチョコの準備が盛り上がってきますですね。 我が家でも手作りと市販品を合わせてラッピングします! このラッピングがとても重要で、まずは見た目から! 素敵に可愛くラッピングできるとプレゼントがグレードア...

海外では、男性から女性に、もしくはお互いに告白するそうです!
渡すものも薔薇やメッセージカードになっていて、古代ローマの風習が根付く宗教的意味合いがあります。

まとめ

バレンタインの起源・由来・発祥・日本での始まりを知る前は、
お菓子メーカーの戦略!?と安易に思い込んでいましたが

すべてに【愛】がテーマにあって、形は変わっても受け継がれていく・・・

バレンタインデー、ただ単にチョコを贈るだけじゃなく、
けっこう深い意味のある行事かもしれませんね(*´ω`*)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました