恵方巻きはいつ食べる?方角の一覧と決め方を押さえて福を呼び込もう!

節分

わたしが幼い時は、節分には豆まき!でしたが
いつのまにか節分は豆まきと恵方巻き!になったように感じます。

ところで、今年の恵方は○○の方角です。と毎年決まっていますが
恵方ってどんなふうに決まるんだろう?と疑問に思ったことはありませんか?

今回は、恵方巻きを食べる方角の決め方など恵方についてお話します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

恵方巻きはいつ食べるの?

一年の邪気を払い、縁起のいい方向を向いて「福を舞い込む」恵方巻きを食べる!

その恵方巻きを食べる日付は、もちろん節分の2月3日ですが、
食べる時間は朝・昼・夕いつでもいいんです。

最近では、有名シェフ監修のとても豪華なものがあったり
七福神にあやかって(アナゴ・卵焼き・しいたけ・かんぴょう・きゅうり・高野豆腐・でんぶ)の
7つの具材を入れるところもあります。

福を巻き込む巻きずし・縁が切れないように一本まるごと食べることがいいとされていますね。
丸かぶり寿司、なんて名前の地域もありますしね。

我が家の子供は太くて大きいものは一本食べきれないので
細巻きを一本食べきって願い事が叶う!!と喜んでいます。

子どもも食べやすい恵方巻きアイデアはこっちの記事をどうぞ♪
 

子供が喜ぶ恵方巻き 手巻き寿司の具のアイデアと子供向けに切るのはOK?
すっかり節分のお馴染みとなった恵方巻き。 ご飯と具材が一緒になっているので 夕飯のメニューにもピッタリですよね。 でも、恵方巻きって実は子供には食べづらくないですか? 子供が喜ぶ恵方巻きや手巻き寿司の具材、 食べ方で気になる切るか切らないか問題についてご紹介します。

 

恵方巻きの方角一覧!

そもそも恵方とは?

【恵方】とは、歳徳神(としとくじん)という金運や幸せを司る神様がいる場所です。

この歳徳神様は移動する神様なのです。
毎年場所を変えるので、一年間その場所【恵方】が金運や幸せの方角となります。

この恵方は一年間場所が変わらないので、節分だけではなく新しいことを始める場合など、
この方角に向かって祈りを捧げる方もいるようですよ。

恵方の方角一覧(2019~2023版)

2019年…東北東
2020年…西南西
2021年…南南東
2022年…北北西
2023年…南南東

ランダムに決まっているように見えますが、実は方角が決まるルールがあるんです!
次の章で解説します^^

スポンサーリンク

恵方巻きを食べる方角の決め方はこう!

恵方は、北北西・東北東・南南東・西南西の4方向のみです。

この恵方の方角は、十干(じっかん)という古代中国文化から来ています。
十干は、干支と関係しています。
十二支とも深い関係があって、とても大切なものとされています。

十干とは
【甲きのえ・乙きのと・丙ひのえ・丁ひのと・戊つちのえ・己つちのと・庚かのえ・辛かのと・壬みずのえ・癸みずのと】
のこと。
カレンダーによく書いてあるあれですね。

この十干には決められた方角や数字があり、それによって恵方が決まります。

といってもいたって簡単。
西暦の末尾(西暦の下一桁)の数字を見れば恵方が分かるのです!

恵方西暦の下一桁
北北西 2
7
東北東4
9
南南東 1
3
6
8
西南西 0
5
この表で、西暦の下一桁を合わせるとその年の恵方がすぐにわかりますね。
(※十干は現在はあまりなじみがないので表では省略しています。)

2019年は末尾が9なので東北東、
といったぐあいです。

これで、コンビニの店頭チラシを確認しなくても
その年の恵方がばっちりわかります!

恵方の方角について まとめ

恵方は年徳神様が一年間いる場所で、邪気を払う意味や節分にその年の願いを込めて
神様と縁が切れないように・願いが届くようにと縁起の良い恵方巻きを食べます。

恵方の方角にはいろいろと決まりごとがあるのですが
・恵方は4方向
・西暦の下一桁でわかる

を覚えておけばばっちり!

一年間幸せな方角の【恵方】に、節分の日以外にも何かを願い、
その方角に願いを込めてみてはいかがでしょうか^^

スポンサーリンク
節分
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yuyuをフォローする
スポンサーリンク
happy days!!

コメント