医療費控除の交通費の証明と申請方法 ・請求する際のおすすめ記入方法

医療費控除

病気やけがは予期せぬ出来事!
収入はある程度決まっているのに出るお金は予定にないことが多いですよね。
医療費は通院など長くなると交通費も高くなって家計も大変です。

一年医療費がたくさん掛かってしまったけど交通費も申請したら還付されるのでしょうか?
通院などの交通費も申請して医療費控除が受けれるので、少しでも節税して家計を助けましょう!

今回は、医療費控除・交通費などの証明、請求の仕方のまとめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

医療費控除の交通費の証明はどうするの?

医療費控除の対象となるのは、病院に行くための交通費、つまり通院費が含まれます。
でも、何でもかんでも交通費にできるわけではなく、
タクシー代など対象になる場合と対象外になる場合があります。

その詳細は微妙なところがあるので、
対象になる交通費と対象外の交通費について見ていきます。

医療費控除の申請対象になる交通費

・病院へ行くための電車・バス料金
公共交通機関を利用して通院した交通費は対象になります。
往復で利用した場合も往復の料金が対象になります。

医師の診療などを受けるために直接・通常必要なものであることが条件となります。

・電子マネー(Suicaなど)で払った交通費
電車やバスの料金は領収書がないのでわかりにくくなりますが、
Suicaの履歴を印字すると漏れ防止になります。

電子マネーがない・現金での支払いをした場合は、手書きのメモやExcelの集計でいいので
通院した日、交通費の金額を記録して残しておくと後で確認しやすくなります。

重要なのは、交通費と通院歴が対応しているかになります。

・新幹線などで遠方の病院などで診療を受ける
自宅近隣の病院などでは治療困難など相当の理由がある場合に、
遠方で治療を受けるために掛かる交通費は対象です。

新幹線や飛行機が対象になりますね。
乗車券・航空券・予約時のメールなどを取っておき運賃の証明に使いましょう。

・付き添った場合の交通費
患者の年齢や病状から、患者一人での通院は難しいと判断された場合に対象になります。

子どもの通院、親・祖父母などの高齢者、一人で歩くのが困難な場合などですね。

ただし、付き添いの人の交通費は原則1人まで。
子どもの病院にいくのに両親2人分などは認められないので注意しましょう。

・医療費が無料の場合の交通費
妊婦健診や子供の病院など、
市町村から助成制度により医療費が発生しない場合でも
「通院」に対して自己負担があるので、対象になります。

医療費控除の申請対象にならない交通費

・入院している子どもの世話をするための親の交通費
通院ではないので、交通費の対象にはなりません。
通院の付き添いはOKだけど、お見舞いはだめということです。

子供のお世話をするときは、親は毎日のように通院して体力も精神的にも金銭面も負担が大きいので、
制度が見直されるといいなと個人的には思いますけどね…。

・一時帰宅する場合の交通費
長期入院している人が医師の許可を得て帰宅する時ですが、
この交通費は、医師等による診療と関係のない個人的な都合上必要なものと捉えられ対象になりません。

・マイカーのガソリン代
ガソリン代は計算がしにくい、通院に必要な分のガソリン代が不明などの理由で対象外です。
公共交通で来れるのであればそちらを利用するのが前提、ということですね。

タクシー代は対象?

タクシー代は、病状悪化や妊婦の突然の陣痛など、
公共交通機関などでの移動が困難な場合に利用したタクシー代は、控除対象になります。

また、通常高速代は対象外ですが、タクシーによるやむを得ない費用は控除対象になるので
その理由の対象ならば高速代も控除対象になります。

医療費控除の交通費の対象になる・ならないはケースバイケースなので
心配な場合は申請時に確認するといいですね。

タクシー代についてはこちらの記事で詳しくまとめています。

医療費控除の交通費にタクシーは入る?領収書なしの場合や書き方は?
医療費控除を申告するとき、通院にかかる交通費も含めてよいことになっています。基本的には電車やバスといった公共交通機関が対象です。 ところで、中にはやむを得ない事情でタクシーを利用した場合はどうなるのか気になりますよね。 ここでは、医療費控除におけるタクシー代に焦点を絞って見ていきたいと思います。

医療費控除の交通費の申請方法は?

医療費控除を受ける場合は
【医療費控除の明細書】を確定申告の書類と一緒に提出します。

その時に、交通費の明細書をまとめておくと申請がスムーズです。

明細書の交通費の記入例

【例】○○さんが△○病院を通院した場合

3月20日
診療:5300円通院費(JR)往復670円

4月25日
診療:6800円通院費(JR)往復670円

5月18日
診療:5400円通院費(JR)往復670円

△○病院計:17500円・通院費計2010円

✿通院費の支払いが乗継などで複数ある場合でも、1つの行にまとめて記入します。
✿子供の医療費や妊婦健診など助成による0円になる場合は、交通費のみ記載することになります。

このように1つの病院ごとにまとめていき、
交通費を含めた金額で控除の申請をすることができます。

スポンサーリンク

医療費控除で交通費の請求は領収書が必要?

医療費控除の申請は平成29年分の確定申告から3つの点が変更になりました。

1.領収書の提出に替え「医療費控除に関する明細書」の提出になりました
2.「医療費通知」によって記載事項が減った
3.セルフメディケーション税制 スイッチOTC医療費控除の特例と選択制になったこと

医療費控除に関する明細書の提出とは

領収書の提出が不要になりましたが、領収書は取っておく必要があります。

医療費通知に記載された医療費の額は、実際に支払った金額と異なる場合があるので
領収書を確認する(見比べる)ことが必要になる場合があるからです。

なので、病院の領収書と一緒に、交通費の領収書も保管しておきましょう。

医療費控除の明細書というのは、
国税庁のホームページから記入、もしくは税務署の確定申告会場で作成が可能です。

1.医療を受けた方の氏名
2.病院・薬局などの支払い先の氏名
3.医療費の区分
4.支払った医療費の額
5.4のうち生命保険や社会保険などで補填される金額

5つの項目を記入してまとめていくのですが、
交通費をまとめる場合は

1→医療費を受けた方の氏名
2→JR,○○バスなどまとめて記載
3→「その他の医療費」
4→交通費の金額の合計を記載

このようにまとめていけばOK。
手書きだとめちゃくちゃ大変なので、パソコンがあるならホームページで記入していくのがおすすめです。
→国税庁ホームページ
※「確定申告書等作成コーナー」のページからアクセスできます。

交通費申請の記入方法やまとめ方・国税庁のホームページなどについては
この記事で解説していますので参考にしてくださいねー(‘◇’)ゞ

医療費控除の申請 交通費の書き方は?エクセルで作る?手書きでもいいの?
医療費控除には通院にかかった交通費も含めることができます。 でも、領収書が出る医療費と違って バスや電車代には明細がありませんよね。 どうやって書けばいいの?まとめ方は? パソコンが無いから手書きでも大丈夫? ここではそんな、 医療費控除の交通費の書き方・まとめ方についてご紹介します。

自宅にパソコンが無い場合は
1月から各税務署で確定申告の相談会場が開設されているので
そちらで職員さんに相談すればわかりやすいですよ。

ちなみに、確定申告の時期が近づくととても混雑するので、気軽に相談できる雰囲気じゃなくなってきます…(笑)
医療費控除の申告や記入の相談であれば、1月に入ってすぐ出向くのがいいです!
一度やってしまえば簡単なので、翌年からはスムーズにできるようになりますよ^^

まとめ

医療費控除の申請に必要な書類は、平成29年分から替わって領収書など不要になりました
、記入時に確認することがあるのでまとめて保管することをおすすめします。

交通費も請求する場合に通院した日を病院などの領収書から確認して記入できます。

また、交通費の控除の対象になるかなどは微妙に違いがあるので、
わからないなと思ったところは確定申告の前に税務署に確認するといいですね。

スポンサーリンク

コメント