乾燥肌を改善したいなら スキンケア方法とクリームの選び方がキモ!

美容・健康

今までと変わらずにお手入れしているのに・・・
なぜかお肌が乾燥している!

お肌の乾燥が気になっても
忙しいとお手入れに時間は掛けられないですね。

ポイントをおさえると手軽に乾燥肌対策ができますよ!

スポンサーリンク
   

乾燥肌のスキンケアにはおさえるべきポイントがあった!?

肌の角質層の水分と油分が不足すると肌を保護する役目が弱くなり
お肌が乾燥してカサカサ肌に!
ひどくなると粉が吹いたようになります!!

乾燥肌を放っておくとシワだけじゃなくシミなど
いろいろな肌トラブルの原因になるのです!

そんな怖い状態になりたくないですね!

乾燥肌対策をして、すこやかお肌を保つためには・・・

クレンジングのポイント

・クレンジング・洗顔では、汚れを落としてうるおいは残します

クレンジングは肌の摩擦を軽くする、クリームやジェルタイプを選びます。
特に乾燥が目立つ時には、保湿成分が含まれているものがいいですね。

オイルタイプは脱脂力が強いので、乾燥が気になるときは避けましょう。

わたしは、ジェルタイプを少し多めに取って、優しくマッサージしながら落とします。
濡れた手でも使える流せるタイプならそのまま洗顔に移れます。

洗顔のポイント

・洗顔料は、泡をしっかりと立てて優しく洗います。

よく泡立てた洗顔料を優しく赤ちゃんの肌を撫でるようにすべらせて
洗います。そしてとても大切なのはすすぎです!
最後に生え際やまゆ毛、目元も忘れずすすぎましょう。

また、朝は洗顔料を使って洗わないという人もいますが、
眠っている間にも皮脂は出ているので、肌には皮脂が残っています。
皮脂は時間が経つと酸化して毛穴の開きやニキビの原因になる事があります!
水だけでは皮脂まで落としきれないので、朝でも洗顔料は必要です。

乾燥肌さんが押さえておきたい洗顔のポイントはこの記事でもまとめていますよ♪

乾燥肌の原因は洗顔方法だった!? 保湿や対策はしっかりと!
洗顔後にお肌がつっぱる!という乾燥肌さん。 洗顔はお肌ケアのカギです! 間違った洗顔方法がかえって乾燥肌にして 肌トラブルの原因になってしまうのです! 乾燥肌の原因になってしまう洗顔方法を知って 正しいスキンケアをしましょ...

化粧水のポイント

・化粧水は保湿成分、美容成分を肌に与えて、
次に使う乳液やクリームの浸透をサポートします。

洗顔後は、吸収がいい時を逃がさないように手早くたっぷりと化粧水をつけます。

お風呂から上がって、すぐにスキンケアができない時がありますね
そんな時は、スプレー式の化粧水を使って顔にまんべんなく吹きかけておき
なるべく早く次のお手入れをするといいですよ。

美容液のポイント

・乾燥肌には「保湿」!!
肌の保湿には「セラミド」です。
セラミドは脂質なので高濃度で配合できるのは美容液になります。

美容液は、凝縮された成分で角質層に届くように作られているので
乾燥肌対策には保湿美容液をぜひ取り入れたいですね。

セラミドが入った美容液は価格が幅広いので、価格を見て
ヒト型セラミド成分が入った物を選びましょう。
(成分に3・8・10など数字が書いてあるものがヒト型セラミドといわれてます)

スポンサーリンク

乾燥肌さんのためのクリームの選び方

乳液やクリームは、その時の自分の肌の状態で使い分けるといいですね。

乳液には十分な保湿成分が含まれているのか?となると
そうではないので、乾燥が気になる場合は保湿クリームを使います。

セラミド

美容液でもセラミドが必要とお話ししましたが、
保湿クリームでもセラミドで補うことが大切です。

選ぶ基準はヒト型で、美容液でお話しした成分と同じです。
配合量の多い成分から先に表示されるため、パッケージの成分表を見て
セラミドの表示が早いほうが配合が多いという事になります。

私の選ぶ価格の基準は4,000円代です。
乾燥が気になるときはこの価格のものを使い、
乾燥肌対策をしてカサカサ肌を予防しています!

ちょっと高いと感じるかもしれませんが、クリームは大量に使うものではないので
意外とコスパは良かったりしますよ!

ヒアルロン酸

軽い乾燥や一時的な乾燥なら「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「エラスチン」
配合のクリームがおすすめです。

この成分は、美白などの機能に一緒に入っていることが多いです。
一緒にケアができていいと思いますが、あまり成分の種類が多いと肌に
負担がかかる場合もあるので、できたら試供品でお試しするといいですね。

伸びのいい低刺激な物を選ぶ

硬くて伸びの悪いクリームは、塗るときに肌をこすってしまうので
乾燥肌にさらに負担をかけます。
ジェル状のものは肌の滑りがいいですよ。

また肌が乾燥しているときは、刺激に弱い状態なので
「無添加」などの低刺激のクリームをおススメします。

プラスの裏ワザ

週に一度、夜の洗顔後にココナッツオイルを付けて優しくマッサージし
その後ふきとり化粧水でふきとってから化粧水、美容液、クリームを付けています。
この方法で乾燥知らずです!

まとめ

乾燥肌にならないためには、大切なのは保湿のみではないですね。

洗顔の仕方、スキンケア用品の選択、スキンケアの仕方など
乾燥を防ぐポイントは一つだけでは難しくて
いくつか合わせて効果を発揮します!

難しいことはないので、ちょっとだけスキンケアの方法を見直して
その時の肌の状態に合ったお手入れをしましょう!

スポンサーリンク

コメント