乾燥肌の原因は洗顔方法だった!? 保湿や対策はしっかりと!

美容・健康

洗顔後にお肌がつっぱる!という乾燥肌さん。
洗顔はお肌ケアのカギです!

間違った洗顔方法がかえって乾燥肌にして
肌トラブルの原因になってしまうのです!

乾燥肌の原因になってしまう洗顔方法を知って
正しいスキンケアをしましょう。

スポンサーリンク
   

間違った洗顔は乾燥肌のもと!乾燥肌には保湿が大切!

お肌にとってメイク落としはとても重要!
しっかり落とさなくては!と思いますよね。

確かに汚れを落とすことはとても大切です。
汚れを落とさないと吹き出物ができたり、美容液も浸透しませんね。

ところが、汚れを落とそうと必要以上に洗いすぎてしまうと
お肌に必要な皮脂とか天然保湿成分、バリア物質まで洗い流してしまい
お肌のバリア機能が低下して、外的刺激に弱くなってしまいます。

してはいけない洗顔の仕方

・こすり洗い
 ゴシゴシこすって洗うと摩擦で肌の角質を傷つけて
 乾燥やシミの原因を作ります。

・洗顔料をしっかり泡立てずに洗っている
 これも摩擦の原因になってしまいます。
 泡立ての時の水分量が少ないと洗顔料の濃度が濃くなって肌の負担になります。

・泡パック専用でない洗顔料で泡パックをする。
 洗顔料は汚れを落とすものなので、泡を乗せたまま放置すると
 肌内部のうるおい成分まで洗い流してしまいます。

・すすぎの回数が少ない
 肌に洗顔が残っていると刺激となったり
 毛穴に詰まって肌トラブルの原因になります。
 

正しい洗顔方法

・手をきれいに洗う
 清潔な手で洗顔をするため、雑菌を洗い流します。
 手が汚れていると洗顔料の泡立ちも悪くなります。

・水の温度を確認する
 毛穴を閉じず皮脂も溶けすぎないよう
 温度32~34℃が目安です。

・顔を水で濡らす
 濡らすことで洗顔料の刺激を減らします。
 また、先に汗やほこりを落とします。

・洗顔料を泡だてる(たまご一個分くらい)
 泡立てネットを使うと簡単に泡立ちます。
 赤ちゃんの肌を洗うように、撫でるように優しく洗います。

・洗う順番を守る
 Tゾーンから頬、顎の順に下から上に向かって洗う
 (たるみ防止の洗い方をします)
 最後に目や口を特に優しく洗います。
 泡を顔にのせてから2分以内に洗います。

・しっかり洗い流す
 顔に水をかけるように流します。
 髪の生え際、顎の下は洗顔料が残りやすいので
 最後に気を付けて洗うようにしましょう。

・洗顔のしすぎも注意
 必要以上に洗顔をすると肌に必要な皮脂も洗い流してしまうので
 朝一回(寝ている間の汗、皮脂を落とす)
 夜一回(日中の汗、皮脂、メイク汚れ、ホコリを落とす)
 合計2回が丁度いいです。

・優しく水分を拭き取る
 洗顔後にタオルで水分を拭き取るときは
 柔らかいタオルで優しく拭きましょう。
 押さえるように水分を吸い取らせるイメージで。
 ゴシゴシ擦るのはNGです!

洗顔直後は、肌に余分な皮脂や汚れが無いのでスキンケアが浸透しやすいですね。
そこで、洗顔後にすぐに化粧水をつけることが大切です!

ニキビ肌でオイリータイプの方は時間がたてば経つほど
自分の皮脂のせいで、化粧水がしみ込まなくなってしまいます。
なので、オイリータイプの方も洗顔後すぐに保湿しましょう!

スポンサーリンク

乾燥肌の改善方法&対策方法について!

お肌の乾燥はしわやシミにまでつながるので、ケアは重要な事ですね。
そのお肌の乾燥を少しの工夫で予防・改善ができますよ!

スキンケアの選択

お肌の乾燥対策に必要な成分は、アミノ酸とセラミドです。
特にセラミドが大切!

保湿成分に「セラミド1・セラミド2・セラミド3」どれか一つでも
入っているものがおすすめです。

購入するときに成分(ヒト型セラミド入りか)をよく見ることと
自分の肌との相性はいいかお試しするといいですね。

紫外線対策

シミだけでなく、肌の乾燥にも紫外線は敵です!
実は冬でも毎日日焼け対策は必要です!

冬にわざわざ日焼け止め使いたくないと思ったら、
ファンデーションにSPF,PA入りの物を使うといいですね。

部屋の湿度

湿度は50%以下にならないように気を付けましょう。
特にエアコンは乾燥するので、加湿器との併用がマスト!

オフィスでの対策

メイク直しにミストスプレーで保湿する場合がありますが、
水分だけミストすると蒸発するときに肌の水分も一緒に奪われるので
水分の蒸発を防ぐために、油分をプラスしてあげると保湿できます。

ホホバオイルなどを一滴手に取って上からハンドプッシュしておきましょう。
べたつかないオリーブオイル入りのミストもありますよ。

食生活

美肌を保つために、3つの栄養素を意識してとりましょう!

ビタミンA(にんじん・ほうれん草・かぼちゃ・小松菜など)
ビタミンC(赤パプリカ・いちご・ブロッコリーなど)
たんぱく質(肉・魚・卵)

睡眠

肌の再生のために睡眠は大切です!
睡眠の質をよくするためにも、寝る直前までスマホを見るなどしない、
最低でも6時間は睡眠をとるようにしましょう。

できれば、お肌のゴールデンタイムと言われる
22時~2時の間は必ず寝るようにするとベストです!

まとめ

今までしていた洗顔や日常生活を
お肌のケアを考えてちょっと工夫すると乾燥から守れます。

少し意識して替えたりプラスしたらいいので取り入れやすいですね。

今日から出来ることをしていきましょう!

スポンサーリンク

コメント