ツライ産後の家事はもうやめよう!産後の家事を手抜きする方法とは?

出産

産後はママの体も整はずに赤ちゃんのお世話だけで精一杯ですよね。
寝る時間もほとんどないし、体はガタガタだし。

赤ちゃんのお世話だけで家事まで手が回りませんよね。

そんな時はどうするか。
最低限の家事だけして手抜きしちゃえばいいんです。

産後の家事は楽できるだけ楽して、疲れない生活を過ごしましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

産後の家事の負担を軽くするコツとは?

自分が一人で家事育児をしなければと頑張ってしまうと
その後の体調にも影響してきます。
産後直ぐの体には家事は本当に大変です。

私は里帰り出産でしたが、赤ちゃんのお世話だけでも
いっぱいいぱっぱいで産後鬱になってしまいました。

周りの人に頼る、甘える、任せきる!

里帰り出産や親御さんが手伝いに来てくれている人は
家事は親御さんに任せてしまいましょう。
たくさん甘えて、赤ちゃんのお世話だけするようにしてください。

里帰りではなく、親御さんの手を借りれない方は
唯一の戦力!パパに協力を頼みましょう。
産後、日中一人のママにとってご主人の協力が欠かせません。

わたしも、産後1か月後に自宅に帰宅した後ももちろん旦那に家事はお願いしていました。

赤ちゃんのお世話を代わってもらうのにはどうしても限度があるので
家族には家事をメインに任せるといいですよ。

この時大事なのが、口出しをしないこと。
やったことに対してダメ出しばかりだと、やる気もなくなりますよね。

洗濯物の干し方が違っても、食器の重ね方が気になっても、
椅子を動かさずに掃除機をかけたとしても…
ちょっと目をつぶって、家事をしている人のやり方に任せておきましょう。
これが、円滑に家事をやってもらうポイントですよ^^

産後の家事ストレスを一掃!家事と育児を両立するポイントとは?
産後はホルモンバランスや睡眠不足など体の不調もあり 家事をストレスに感じることもありますよね。 育児をしながらの家事はママにとって負担がたくさん。 そんな家事のストレスを一掃するポイントとは?

便利なサービスをフル活用しよう

食事などは宅配や、コンビニ、お総菜などをフル活用しましょう。

コープの宅配は、買い物に行かなくても玄関先に届くので
小さな赤ちゃんがいる時は本当に助かります!
赤ちゃんがいる家庭は配送料が割引になったりするので、お得です。


食事の支度は、調子のいい時に多めに作っておいておくのがおすすめ。
夕方ってなぜか赤ちゃんがぐずるんですよね…
なので、毎日決まった時間に調理ができると思わない方がいいです。

作り置き、お惣菜、あたため、
これらを駆使して乗り切りましょう。

また、家事代行サービスの利用もおすすめ。
今はリーズナブルに頼めるサービスも多いので、ママがいっぱいいっぱいになるより
外部サービスをうまく利用できるといいですよね。

家事代行サービスって実際どう⁉気になる料金や料理・掃除など充実の中身について!
ここ数年の間で「家事代行サービス」の普及が進み、利用する人も増えてきました。 でもまだまだ新しいサービスなので「どんな人が来るのかわからないし、どんなものなの?」と 疑問や不安に感じてしまうこともありますよね。 ここではそんな「家事代行サービス」について解説していきましょう!

掃除洗濯は8割程度で

洗濯は、重い洗濯籠を抱えたり高いところの物干しにひっかけたりなどは
まだ体がきついのでご主人に頼んでやってもらいましょう。

洗濯の動作は腰に負担が来るものが多いので、
産後骨盤もゆるんでいる状態のママには重労働になるんです。
洗濯する、干す、取り込む、これはできればパパにお任せして
ママは座ってできる洗濯物畳みくらいにできるといいですね。

掃除などは手抜きして、気になった場所、目立つ場所のみすればいいんです。
一日しなかったからといって、とんでもないことにはならないですからね(笑)

コロコロ、お掃除シートでさっと拭くだけ、
お風呂掃除は泡で落ちる洗剤を使ったりすれば楽ちん。
トイレは行ったついでに簡単に拭いたりこすっておけばひどく汚れることはないです。

うちの旦那はやってくれないの…
そんな場合は、本当に気になる、困るところだけやるようにして
旦那さんに指摘されたら「本当にきつくて大変なの。気になるならパパお願いできる?」と
自分でやってもらえるように促しましょう。

周りの人に甘えて、自身の家事が楽になるようにしてください。

スポンサーリンク

産後に家事を再開するタイミングはいつから?

産後1週間(たいていは入院中)は赤ちゃんのお世話と自分の回復に専念してください。
お見舞いなどでゆっくりできない方もいるとは思いますが
入院の間は上げ膳据え膳で過ごしてください。
最近は、面会をごく近い家族だけに制限してくれる産院も多いです。

退院後も、できる限り赤ちゃんと自分のことだけで過ごせたらベスト。

産後3週間からは、運動の意味もかねて少しずつ軽い家事から始めてみましょう。
重いものなど持つと腹部に負担がかかってしまうので
洗濯物を畳むなどの体の負担の少ない家事がおすすめです。

床上げ1か月ってなぜ?

昔からよく床上げは産後1か月と言いますが、
産後の家事の再開は1か月を目安にしましょう。

産後直ぐから昼がった子宮がもとに戻ろうと収縮します。
それに伴って痛みを感じます。(後腹が痛むというもの)
退院まではトイレやシャワーに入るだけでも大変です。
骨盤がグラグラしてうまく歩けなかったり。

悪露(子宮内の老廃物)も産後1か月内くらいは続きます。
出産に伴って会陰切開した場合、痛みは1週間、違和感は1か月くらい続く人もいます。
帝王切開の場合は、開腹手術後と同じと考えてみましょう。

こういった様々な身体の変化がおおむね戻ってくるのが1か月頃なんですね。
産後のママの身体は本当に休息を必要としているんです。

でも、1か月たったからと最初から通常通りの家事を行うのではなく、
体力も落ちていたりするので徐々に体を慣らしていきましょう。

産後8週間(2か月)には、職場復帰する人もいるタイミングです。
逆に言えば、2か月の頃には嫌でも通常に戻らざるをえないので、
8週までは休息をメインにおとなしくしていましょうね。

まとめ

産前も自分の体が変わっていくので大変ですが
赤ちゃんを産んだ後はもっと大変です。
帰宅すると家事をしないといけない気になりますが、
産後とは体も違うし、赤ちゃんがいることで生活も変わります。

一人で抱え込まずに、思い切って周りの人に頼ってください。
出産という大仕事を成し遂げたママなんです、
休めるだけ休んだって、バチは当たりませんからね^^

スポンサーリンク
出産
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yuyuをフォローする
スポンサーリンク
happy days!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました