ふるさと納税の仕組みをわかりやすい解説つきで見てみよう!気になるデメリットもご紹介

節約

ふるさと納税ってお得って聞くけど
税金の難しいことは苦手だし、手続きとか複雑そうだから
やっぱりやめようかな・・・

そう思っていたらもったいないですよ!

ここでは複雑な説明はなしにして、大まかに
ふるさと納税の基本的な仕組みやメリット・デメリット
をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

ふるさと納税の基本的な仕組みについて

ふるさと納税とは、簡単に言うと

日本各地にある市町村にお金を寄付をすることで
その市町村からお礼がもらえるというものです。

「寄付」というとそのお金はすべて自分から無くなるような気がしますよね。
それは実は違っていて、

寄付した額の2000円以上の金額が翌年の市県民税から控除される、という仕組みになっています。
税金を前払いしておくイメージですね。

ふるさと納税の自己負担は2,000円と言われるのはこのためです。

寄付可能な上限金額がある

年収などによってその人の納税上限額があります。

例えば、4万円が寄付上限額とすると
・40,000円寄付→38,000円の税金控除となり、自己負担金は2,000円となる
・50,000円寄付→40,000円の税金控除となり、自己負担金は10,000となる

つまり、納税上限額を超えた分を納めると自己負担が2,000円以上になるので
お得感が減ってしまうということですね。。

納税可能額

おおよそ年収が 300万円程度:1~3万円程度
500万円程度:4~6万円程度
1,000万円程度:13万から17万円程度

年収が多いと納税できる額が大きくなりますね。

納税の目安は、ふるさと納税のサイトなどで大まかな額を計算することができます。
自己負担が2,000円以上にならないように確認する事が大切です。

源泉徴収やその時の医療費控除、生命保険控除、住宅ローン控除などで納税額は変わりますし
年度によって税制度が変わる可能性もあるので、その年度ごとにチェックするのが確実です!

少し大変と思うかもしれませんが、家計の見直しにもなりますよ。

納税の流れ

1. 自分がいくらまで納税可能かを調べます。

2. 納税可能な範囲で、好きな返礼品を選びます。
ふるさと納税サイトや楽天などで見ることができます。

3. 自治体に寄付(納税)をします。
サイトから申し込みをします。
通販と同じ手順なので簡単です。

4. 返戻品が送られてきます。
選んだものによって届く時期は様々です。楽しみに待ちましょう!

また、控除証明書などが別に届きます。
これは確定申告に必要なので無くさずにとっておきます。

5. 確定申告やワンストップ特例制度で申告します。
申告手続きをすることで、納税した分の税金を減額してもらいます。
申告しないと税金の控除が受けられないので、忘れずに行いましょう!

スポンサーリンク

知らない人も多い!ふるさと納税のメリット、デメリットとは?

デメリット

・節税とは言い切れません!

払うべき税金の総額は減っていないからです。
寄付した自治体からお礼の品をもらうことができるので、結果的に節約になるということです。

・いくらでも(金額)無限に寄付できるわけではありません。

寄付の上限は人によって違って、年収、家族構成、会社員か個人事業主かなど関係します。
上限を超えた分は自己負担なので、収入が多い(納税額が多い)人ほどお得感が増します。

・家計を一時的に圧迫します。

住民税の控除は翌年の6月以降と決まっているので、
例えば、4月に寄付をしても寄付額の2,000円を差し引いたお金は、
翌年の6月にならないと返ってきません。
この期間は一時的な出費となるので、家計をしっかりコントロールする必要があります。

・返礼品がすぐに来るとは限りません。

返礼の発送のタイミングは自治体ごとに違います。
年末など申し込みが立て込んでいると、発送が遅れることもあります。

・ワンストップ特例制度が複雑?

サラリーマンが会社に申告することで、確定申告しなくても税金の控除を受けられる制度です。
ところがこれには条件があって、
①確定申告の必要のない人(住宅ローン控除、医療費控除などがない)
②ふるさと納税の納付自治体が5か所以内の人
③納税を行った翌年の1月10日までに書類を提出すること。
この3つをクリアーしないといけません。
このことを考えると、確定申告をした方がいいかなと考える人は多いです。

メリット

・豪華な返礼品がもらえます。

お得な返礼品を選べば、
寄付金10,000円につき約5,000円~10,000円相当の返礼品をもらうことが可能です。

テレビでもおススメされていた、お得な返礼品のまとめはこちらでどうぞ!

ふるさと納税本当におすすめな自治体を大公開!有吉ゼミでも大絶賛♪
今や知らない人はいないふるさと納税。 せっかく寄付するなら、返礼品もお得なものがいいですよね^^ 有吉ゼミでも紹介されて、大絶賛されたものばかり! 芸能人夫婦も御用達のおすすめふるさと納税自治体をご紹介します! 量がたっぷり...

・自分の故郷に限らず、応援したい自治体を選べます。

お礼品から選ぶ人もいれば寄付金の用途から選ぶ人もいます。
自分で納税先を選べるというのは気持ちいいものですよ。

・ふるさと納税の使い道

災害支援、地域復興や教育、医療スポーツ、文化支援など幅広い用途に
使われるので、自分の思いが伝わる納税ではないでしょうか。
義援金とは違う形の復興支援もできますね。

・寄付金の用途を指定できるので、自分のお金の使い道が分かります。

よくわからないまま税金を支払って何に使われているのかわからない…
というのに抵抗がある人にとっては魅力的ですね。

ふるさと納税の懸念点?

ふるさと納税の趣旨は、
都心に集中しすぎた税金を地方に分散させるという目的でしたが、
返礼品の豪華さやバラエティーの豊富さ、地域とは関係のないものなどで
納税が一部の自治体に集中してしまい寄付が偏っている。

こんな現象もあり、本来の目的と違ってきていることもあります。

総務省は、返礼品の価値を寄付金の3割前後の地元の特産品にするように
全国の自治体に通知しています。

返礼品のオトク合戦だった今までとは少し内容が変わってくる可能性もありそうです。
自分の納税なので、しっかり内容を考えて寄付するようにしていきましょう!

まとめ

納税や手続きなどのお話なので少し硬い感じになってしまいましたが
まずは難しく考えないで
この返礼品が欲しい!と思ってふるさと納税をやってみましょう!

一度やってみれば、手軽さに驚きますよ(´▽`)

スポンサーリンク
節約
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yuyuをフォローする
スポンサーリンク
happy days!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました