お風呂掃除の頻度はどのくらい?おすすめの洗剤や道具でピンクカビにさよなら!

掃除

一日の疲れを癒してくれるお風呂に汚れ
それもカビらしきものを発見すると
癒されるどころかどっと疲れを感じますね。

水回りはカビが発生しやすい所です
お風呂場はカビの大好きな場所
きちんとお掃除しているつもりでも、いつのまにかカビが発生しやすくなります。

いやーな黒カビになる前に、洗剤や道具を工夫して汚れを撃退しましょう!

スポンサーリンク

 

お風呂掃除の頻度はどのくらいですればいいの?

効果的なお風呂掃除の頻度は、毎日することが一番です!

カビを予防して、カビを生えさせない事が重要なので
カビの好物の石鹸カス、水分を取り除くためには毎日の掃除が不可欠です。

毎日が無理な場合は、お風呂上がりにシャワーをかけ、
しっかり水分を拭き取り(特に梅雨時期はこの拭き取りが重要)
換気扇をかけておく、これだけでも効果があります。

洗剤を使ったしっかり掃除は、せめて週一回はやっておきたいところです。

お風呂の掃除、カビを生えさせないおススメ洗剤は?

排水口のまわり、床、シャンプーボトルや石鹸皿の下などに
ぬるっとしたピンク色の汚れをよく見かけますよね。

発生する場所がカビとほぼ同じことから、カビと思われがちですが
ピンク汚れの正体は「ロドトルラ」という酵母菌の一種です。

酵母菌といえども、安心できません。
ピンク汚れは放っておくと黒カビが生えやすくなるので、
早いうちにこのピンク汚れを取り除きカビを発生させないようにしましょう。

お風呂のピンク汚れの原因

石鹸カスが大好きでそれが栄養源になっている。
そこに水が加わるとすぐに繁殖して汚れが発生する。
カビより増えるスピードが速く、洗剤などにも強い菌

そう、洗剤を使っただけの掃除では、ピンク汚れ対策はできないんですね…!

ピンク汚れの落とし方

ピンク汚れを取り除くには、消毒・殺菌が重要です。

簡単安心に使えるのはエタノールです。
薬局で購入可能な、手指、皮膚の消毒ができるエタノール

キッチンペーパーにエタノールを含ませて
ピンク汚れに付け、ゆっくり拭き取ります。

ピンク汚れの予防方法

ピンク汚れ防止は、温度と湿度を下げることが効果的になります。

水気を取り除くことが重要なため、入浴後や掃除の後はタオルで水気をしっかり取り除くこと。
全体をふき取るのが大変なときは、ピンク汚れが発生しそうな所だけふき取ることでも大丈夫です。

水分を拭き取る時間がないときは、しっかりと換気をします。

浴室暖房乾燥機がついている場合、入浴後に2時間ほどの「乾燥」運転をする、
乾燥機のない場合は「換気扇」を一晩中回して湿気を取ることをおススメします。

スポンサーリンク

ラクラクお風呂掃除を叶える道具とは?

カビを予防するためには毎日の掃除が一番!
分かっていても出来ないときもあります。

時間がない、忙しいときでも手間なくスッキリしたい
そんな思いを叶えるお風呂掃除の道具があります。

ジェット水流ラクラク風呂掃除

自宅のシャワーヘッドノズルを付け替え、
ジェット水流(高圧洗浄)でブラシの代わりに排水口のヌメリや浴槽、壁、床の汚れを落とせます。
腰をかがめず掃除ができるのでとても楽で時短ができます。

水あか取り加工のスポンジ

お風呂用スポンジの表面に、樹脂加工をしてあったり極細繊維を使ったものがあります。
洗剤なしで、水だけで湯あかを落とします。

お風呂に入った直後だと汚れもゆるんでいて落ちやすいので、
このスポンジでさっと撫でておくだけでも汚れが溜まらず綺麗に保てます。

防カビ燻煙剤

掃除のあとに使います。
防カビ加工の煙で、浴室のカビをはえにくくするもの。

完全にカビを防ぐわけではありませんが、
カビがはえにくくなる、発生するスピードを落とす効果が期待できます。
大掃除の頻度を減らせるのは嬉しいですよ!

まとめ

黒カビは強敵で、一度着くとなかなか取れません
なので、栗カビになる手前で汚れを落とすことが重要なんですね。

カビ対策は「予防」が第一!!

一日の疲れを癒すお風呂は
ゆっくり落ち着けて、きれいな場所でありたいですね。

スポンサーリンク

コメント