窓のサッシ掃除の簡単な方法と使う道具や洗剤はどんなもの?

掃除

窓のお掃除、やっていますか?

中でもやっかいなのがサッシの溝。
砂やほこりが溜まりやすいうえにレールの形状がデコボコで掃除しにくい!

でもこの汚れを放っておくと窓や網戸の動きが悪くなったり
カビやコバエの温床になることも…

そうなる前に、簡単な手順を覚えてスッキリきれいに掃除してしまいましょう(^^)


 

スポンサーリンク
   

窓のサッシの掃除は簡単な手順ですっきり!

サッシ掃除、普段はどうやっていますか?
汚れを流しちゃえー!と、いきなり水をかけていませんか?
それ実は、逆に掃除を大変にしている原因なんです。

サッシ掃除の簡単な手順はこう!

1、網戸(可能なら窓も)を外す

窓や網戸があると隙間の汚れが取りにくく、
何度も開け閉めして作業をしなければいけません。

掃き出し窓や高所窓はさすがに難しいですが、
トイレなどの小さい窓なら外してしまった方が早いです。

網戸は軽いので問題なく外せると思います。

2、乾いた状態で泥やほこりを取り除く

つい水を流して一気に洗い流したくなると思いますが待って。
サッシの主な汚れである砂や埃は乾いた状態だととっても簡単に落ちます。

軽い汚れやおおまかな汚れはハケでささっとはわけばOK。
隅っこやこびりついている汚れは歯ブラシなどでこすり落とします。
さらに細かいところや窓と窓の隙間は竹串が威力を発揮します。

とにかく乾いている方が落としやすいんです。
砂ほこりは濡らすと泥汚れに変わります。
ベタベタするし周りも汚れるしで大変です。

落としたほこりは外に掃き出すか掃除機で吸い取ります。

3、拭く、または水を流して掃除

砂ぼこりをちゃんと取り終わったら、そこで終わりでもまぁいいか、
という程度にきれいになっていると思います。

大掃除などでさらにきれいにしたい時は拭き掃除をするか洗い流しましょう。

濡らして絞った布を割りばしやマイナスドライバーに巻き付けて
こすり落とすように拭くと簡単できれいになります。

流す場合は、ペットボトルに水を入れて勢いをつけて洗い流し、
ブラシでこするといいでしょう。
溜まった水はレールの端から水切りするか雑巾で拭き上げます。
私は面倒なのである程度水が切れたら自然乾燥にしています。

この順番を守ってお掃除すれば、大きな苦労もなくきれいにできますよ。

それからポイントは、よく晴れた日にすること。
サッシの砂ほこりはカラッカラに乾いている方がやりやすいですし、
レールに流した水も乾きやすいからです。

反対に窓ガラスの掃除は湿り気があった方がいいので

大掃除で知っておきたい窓拭きのコツ!窓掃除の簡単な方法と手順は?
気になるけどなかなか思うようにうまくいかない窓掃除。 ピッカピカの窓は気持ちいけれど何となく手が進まない、 なんてことありませんか? ちょっとしたコツを押さえておくと窓掃除はグンと身近になります! ここではその「ちょっとしたコツ...

窓拭きの日とサッシ掃除の日は分けるとやりやすいですよ(^^)

窓のサッシを掃除するときに使う道具は?

サッシ掃除に最低限用意しておきたい道具は

・歯ブラシ
・竹串(爪楊枝より丈夫で使いやすい)
・割りばしまたはマイナスドライバー
・薄手の雑巾(拭くなら)

これがあれば大丈夫。
だいたいが家にあるものでまかなえると思います。

これがあるとさらに簡単!という物は

・サッシ用ブラシ
歯ブラシは細かい作業には向いていますが、
ヘッド部分が邪魔してレールの隅っこがやりづらいことがあります。
サッシ用のブラシは、毛が斜めに植毛してあるのでスッと隅に届きます。
窓がいくつもあって効率を上げたいなら用意しておくといいですよ。

・ウエスもしくはキッチンペーパー
雑巾だと、細かい部分に入りづらかったり洗うのが面倒です。
ウエス(いらない服などを小さく切った布)やキッチンペーパーは
割りばしなどに巻き付けても厚みが出ないので細かい作業向き、
さらに汚れても捨てればいいので簡単です。

・掃除機のブラシ付きノズル
溝を掃きながらほこりを吸い取れるので簡単。
いつもの部屋掃除の時にサッシにも掃除機をかけておくと
大掃除の時でもほこりが溜まらないので楽ちんです。

・ペットボトルに付けるサッシブラシ
水を流しつつブラシでこすれるのでひと手間省けます。
流し洗いしたい人にはおすすめです。
100円ショップにもあるのでお試しで使ってみてもいいですね。

特別な道具は必要ないですが、あったら手間が半減するものもあるので
何度かやってみながら自分に合った道具を揃えてくださいね(^^)

サッシの掃除に適した洗剤は?

水拭きだけで汚れ落ちが気になる場合、洗剤を使うとさらにスッキリします。
サッシはアルミ製がほとんどなので、アルミに使える洗剤を選びましょう。

アルミは強いアルカリ性の洗剤に弱く、変色や変形の原因になります。

住居用の中性洗剤が間違いないです。
弱アルカリ性でも大丈夫なので、表示を確認して選んでください。

エコ掃除で注目されている重曹ですが、実はアルカリ性でアルミとは相性が悪いです。
変色したり粒子で塗装が傷ついてしまったりします。
アルミサッシに重曹は使わないようにしましょう。

カビが気になる場合、漂白剤を使いたくなると思いますが
塩素系の漂白剤は強アルカリ性でアルミを溶かすことがあります。

カビが気になる場合は洗剤で拭き上げ、どうしても取れない場合は
除菌作用のある消毒用エタノールで拭きましょう。

まとめ

いかがでしたか?

サッシ掃除、今度は簡単にできそうな気がしませんか?

きれいなサッシだと窓の開け閉めもスッキリ気持ちがいいですよ(^^)

お天気のいい日にぜひササっとやってみてくださいね!

スポンサーリンク

コメント